スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功の本質を知る--イベント「ネットショップ担当者フォーラム」開催


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






成功の本質を知る--イベント「ネットショップ担当者フォーラム」開催


CNET Japan 11月20日(火)11時20分配信







 イベント「ネットショップ担当者フォーラム 2012」が12月6~7日に東京・有明のTFTホールで開催される。基調講演は「日本最大の小売企業が取り組むO2O戦略」「ネット広告集客術」「ソーシャルメディア活用」「顧客との絆」の4つがテーマとなっている。



 初日には、小売り大手イオンでEコマース事業の最高経営責任者(CEO)を務める小玉毅氏が登壇。「9億人のお客さまといかに絆がるか リアル小売業のネットビジネスへの挑戦」と題して、O2Oを中心に同社のネットビジネスの現状を語る。



 2日目には、ネスレ日本でデジタルメディア開発ユニットのユニットマネージャーを務める揖斐理佳子氏が登場。「PinterestはなぜECの売上を増やすのか?~【右脳メディア】が拓くネットショップの未来~」とのタイトルで講演する。



 このほかに2日間で合計38のカンファレンスが開催される。最新のEC関連技術も展示。ネットショップを成功させるための“本質”の手法を紹介し、担当者が理解し、知見を深める場を提供するとしている。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121120-35024641-cnetj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
スポンサーサイト

TV 業界の明暗を分けるのはスマホ重視のトリプルスクリーン戦略--国際放送機器展「Inter BEE 2012」


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






TV 業界の明暗を分けるのはスマホ重視のトリプルスクリーン戦略--国際放送機器展「Inter BEE 2012」


japan.internet.com 11月21日(水)11時2分配信











TV 業界の明暗を分けるのはスマホ重視のトリプルスクリーン戦略--国際放送機器展「Inter BEE 2012」
フェアーウェイ 経営企画室 広報部 部長 島田祐李子氏



TV 離れに歯止めが掛からない。ある報道によると、1990年代に70%近くあった総世帯視聴率(地上波放送の視聴世帯割合)は現在では63%まで低下するほど深刻化しており、TV 局や番組制作会社、ドラマやアニメなどの映像コンテンツ保有者にとって悩みの種となっている。若い世代に散見されるインターネット依存が関係していることは言うまでもないことだが、一層加速させているのは急速に利用者数が拡大しているスマートフォンの存在だろう。



【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



しかし、映像コンテンツに対する視聴者の興味・関心が薄れている訳ではない。現に「Gyao」や「VIDEO ストア」などマルチデバイスに対応した課金モデルの動画配信サイトは、新規参入サービスが見られるなど好調だ。つまり TV 業界は、スマートフォン・タブレットを筆頭に複数のデバイスに対してコンテンツを配信し、新たな収益モデルを構築するという「トリプルスクリーン戦略」をこれからは積極的に推し進める必要があると言えよう。



11月14日~16日にかけて幕張メッセで開催された「Inter BEE 2012(国際放送機器展)」では、映像コンテンツ技術や配信技術を有するベンダーが一堂に会した。その中で、映像・ストレージ事業を手がけるフェアーウェイは、映像コンテンツをインターネットでスマートフォンおよび TV に放送できる技術を展示していた。同社代表取締役 安島丈雄氏と、同社経営企画室 広報部 部長 島田祐李子氏に詳しい話をうかがった。



■ TV 番組を扱うネット放送局を簡単に開設できる「Broadcast on IP」



そもそも、地上波や衛星放送、ケーブル TV などで放送する映像コンテンツは、いわゆる「生データ」という放送用の機材に合わせた形式でフォーマットされており、僅か10分程度の映像でもデータ量は100GB 以上にものぼる。このままではデータ量が莫大すぎるため、インターネットで配信するには適切なフォーマットに変換する必要があるが、専用の大規模アプライアンスなどが無ければ到底不可能だ。フェアーウェイのインターネット放送プラットフォーム「Broadcast on IP」は、映像のコンテンツのエンコードから番組の編成、インターネットを介したスマートフォンへの放送までを一貫して実現するというが、果たしてどのような仕組みなのだろうか。



まず映像コンテンツ保有者は、ドラマやアニメなどの生データをフェアーウェイに持ち込み、同社サーバーに格納する。すると、専用の自動番組送出装置に番組が MPEG2形式で自動的に取り込まれ、続いてリアルタイムエンコーダーに出力される。エンコーダーでは、H.264/AVC 512kbps~4Mbps という放送基準に則った品質で変換され、同社の大規模配信サーバー群を介して利用者のスマートフォンに配信される。



安島氏は、「Broadcast on IP」を使うメリットがインターネット放送をワンストップで実現する以外に幾つかあると説明する。同サービスは、番組編成をするための専用管理画面も提供するため、映像コンテンツ保有者は簡単に番組表を作れるだけでなく、番組間に自由に CM を挿入できる。アプリを有料にするなどの施策もあわせて行えば、収益性をさらに高めることが可能だ。



また、地上波放送局らが品格の向上のために毎年改定している「規制ガイドライン」によって、放送の機会を失った過去のバラエティ番組などのマネタイズ化にも有効だ。昨今は昔と比べると刺激の強いバラエティ番組やドラマは地上波では放送できない時代だが、若い世代を中心にそれらのニーズは少なくはない。加えて、放送局の開局・閉局が容易なこと、イチからシステムを構築するよりもイニシャルコストが格段に安いことも挙げられるという。



■ スマホで視聴する番組を TV へ出力できる小型セットトップボックス「toto」



「Broadcast on IP」によりインターネットで放送された映像は、iOS と Android スマートフォンに対応する専用アプリにより視聴ができる。ここで面白いのが、フェアーウェイが用意するスティックタイプの小型セットトップボックス「toto」を TV の HDMI 端子に差し込むと、スマートフォンで視聴していた映像を TV に丸々出力できることだ。つまりユーザーは、家では TV の大画面、出先ではスマートフォンで自分の好きな放送を視聴することができる訳だ。



「toto」は OS に Android を採用。無線 LAN モジュールを内蔵しており、TV に接続されている時は、宅内の無線 LAN アクセスポイントから映像データを受信する。この際、手持ちのスマートフォンがチャンネル切り替えを行うリモコンとなるほか、ネット通販や電子書籍やホームカラオケなど多種多様なコンテンツも TV に出力できるなど、「toto」の性能は他の Android セットトップボックスとは一線を画す。



開発は、Android タブレットやデジタルフォトフレームなどの開発を手がける国内企業のグルーバが手がけており、設計から製造までを日本で行っているそうだ。多機能のほか、他の商品よりも故障率が少ないことも採用の決め手となった。



■ サービスの最大の障壁は、実演家が主張する隣接権



安島・島田両氏は、今回の「Broadcast on IP」と「toto」を組み合わせたサービスを「1アプリ1チャンネル」のコンセプトのもと、3年前から放送局や映像コンテンツ保有者に提案していたと話す。そして、来年3月のサービスローンチに向けて複数社と交渉を進めており、いずれも感触は良好だという。



一方でフェアーウェイは、生データのストレージ保管、映像配信サーバーの利用率に応じた課金、有料アプリのレベニューシェアなどを収益源にする。また、将来的には映像コンテンツを一手に束ねる専用マーケットを立ち上げる構想もあり、バイタリティや集客力を強化していく狙いだ。島田氏は、本サービスがきっかけになって TV 業界が昔の活気を取り戻してくれればと期待を寄せる。



しかし、同サービスには1つ大きな障壁がある。上記以外にも、複数の映像コンテンツ保有者が現場レベルで高い関心を示しているというが、依然として経営層や映像の権利者はインターネットに懐疑的で、首を縦に振らないのだという。特に実演家が主張する隣接権の調整は難航しており、金銭面で折り合いがつかず進展が全く見られないことも多い。フェアーウェイは、映像コンテンツ保有者にインターネット放送も含めた包括契約もアドバイスするなどもして、参画者を募っている。



TV 業界は歴史が長い故に保守的な一面がある。1人1台のペースで普及するスマートフォンに対して何らかの手段を講じるなど、時代の流れに柔軟に対応していってもらいたい。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121121-00000009-inet-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

スマホを使ったO2Oサービス「じぶんクエスト」、ゲーミフィケーションで販促支援


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






スマホを使ったO2Oサービス「じぶんクエスト」、ゲーミフィケーションで販促支援


MarkeZine 10月24日(水)15時0分配信











スマホを使ったO2Oサービス「じぶんクエスト」、ゲーミフィケーションで販促支援
画像



 「じぶんクエスト」は、企業が参加者に課題を提供し、販促や集客、商品理解を促進するサービス。スマートフォンユーザーは専用のウェブサイト上で提供される「クエスト」と呼ばれるゲームに参加し、観光地や店舗をめぐり、スタンプラリー、スポーツ観戦回数競争など、さまざまな種類のゲームを楽しむことができる。



 販促・集客にゲーミフィケーションを活用する際、企業ごとに一から専用プログラムを開発するのが主流となっているが、「じぶんクエスト」では、共通の基本プログラムに基づいてサービス提供を行うことで、低コストでスピーディーなサービス導入を実現。また、サイトのアクセス数(PV)、訪問者数(UU)を、参加者の性別・年齢・居住地・時間などの単位ごとに分析できるので、提供中のクエストの課題を早期発見し、迅速に改善することが可能となっている。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000003-sh_mar-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く


japan.internet.com 10月19日(金)11時1分配信











2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く
現在発売されている缶コーヒーの味に焦点を当てたポジショニング



● 2013年の味のトレンドは、「苦味」?



例えば、店頭から商品が消える程のブームになった「食べるラー油」、様々な料理に応用されて食卓を賑わせた「塩麹」など、時代とともに生活者の味覚に対するトレンドは次々と変遷する。大きく分けると、その味覚の方向性は「酸味」「甘味」「苦味」「辛味」などがあるのだが、味香り戦略研究所が発表したレポートによると、2013年の味覚ブームのトレンドは「苦味」なのだという。



【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



「苦味」を楽しむものとして挙がる代表格といえば思い浮かべるのは「ビール」だが、ノンアルコール飲料(いわゆるビールテイスト飲料)の消費拡大やストレス社会などを背景にして「苦味」は日常生活でより身近な食品・飲料に浸透。飲料の分野では、「ビール」だけでなく「コーヒー」「紅茶」「緑茶」など苦味を楽しむことができるものにシフトし、苦味のある食品・飲料が日常生活のあらゆる場面で、精神的な"スイッチ"、"気分転換"といった「アクセント」として摂取されるようになるのだという。



このレポートでは、無糖コーヒーの味の特徴に関して分析を行なっているのだが、それによると酸味、苦味がバランスよく楽しめる現在のトレンドよりも、今後は更に苦味の特徴を際立たせた商品にシフト。今後は、生活者のコーヒーを求めるシーンや心理状態など様々なニーズに合わせた「苦味の質(苦味を活かしたキレやコクの味わい方)」を考慮した商品が求められるとしている。



● 苦味のある本格的な味わいがコーヒー市場のトレンドに



このようなレポートを踏まえて、「苦くて、味がしっかりした本格的な味わいのコーヒーに対するニーズの高まりは、コーヒー市場全体の流れだ」と語るのが、缶コーヒー市場でトップシェアの「ジョージア」を展開する、日本コカ・コーラ株式会社 マーケティング&ニュービジネス ジョージアグループ シニアマネジャーの島岡 芳和氏だ。



島岡氏によると、以前は喫茶店などで出されるさっぱりと軽やかで酸味の強い味わいのコーヒーが好まれていたが、ここ10年の動向を振り返ると、カフェチェーンの拡大によりコクがあってしっかりした味わいの本格的なコーヒーへとトレンドのシフトが起きているという。



このようなトレンドに対して同社が2002年に投入した商品が、「ジョージア ヨーロピアン」シリーズだ。



「ジョージア」と言えば、誰もが手にとったことのある「エメラルドマウンテンブレンド」という大ヒット商品があるが、この商品は島岡氏が"コーヒーの美味しさの王道"と語るように、コーヒーにとって最も重要な酸味と苦味のバランスの良さとさわやかな味わいが特長だ。一方、この「ジョージア ヨーロピアン」は、コーヒーの苦味(ビター感)、旨み、味の深みを追求した商品で、さわやかな味わいの「エメラルドマウンテンブレンド」に対して、「深い満足感」をじっくりと楽しめる商品に仕上がっているのだという。



● "缶コーヒーでここまでやる"と思わせるこだわりの製法を実現



商品のコンセプトは、「ヨーロッパのコーヒー文化に刺激を受け、日本のこだわりで、よりよく生まれ変わった缶コーヒー」。つまり、ヨーロッパのカフェで見られる本格的なコーヒーの楽しみ方に、日本のクラフトマンシップを加え、豆選び、製法、味わいにこだわり抜いた缶コーヒーを実現しているのだ。「強い味わいが出るような豆の焙煎方法、味がさわやかなアラビカ豆・味が濃いロブスタ豆を層にしてゆっくりドリップする抽出方法(深煎り二層抽出製法)など、"缶コーヒーでここまでするのか"と思えるほど本格的な製法を打ち出している」(島岡氏)。



島岡氏によると、「ジョージア ヨーロピアン」は、それまで様々な経験を乗り越えて今まで人生を積み上げてきた人たちに選んでもらえるような商品を目指して開発されたのだという。「色々な経験を積み上げてきた人には、この力強いしっかりした味わいを楽しんでもらえるのではないか」。



そして、消費者に製品に込められた様々なストーリーを知ってもらい、共感してもらった上で商品を選んでもらうことによって、「ジョージア ヨーロピアン」を選んだこと、そしてそれを楽しむことに対する満足度を高めることができると考えているのだ。「自分がチョイスする缶コーヒーが、ここまでこだわって作られているということを理解するだけで、そのチョイスに自信が生まれる」(島岡氏)。



● 商品選びに"こだわり"を持つ人のニーズに応えたい



価値観が多様化する現代社会において、消費者は商品・サービスをこだわって選び、そのこだわりに応える商品が市場の中でイニシアチブを取れる時代になってきた。「ジョージア ヨーロピアン」は現代社会の消費者ニーズに応えるこだわりを提供することで、コーヒーの王道を突き進む「エメラルドマウンテンブレンド」に並ぶ主力商品にしていきたいと考えているのだ。「コーヒーにこだわりを持っている消費者は増えてきている。『ジョージア ヨーロピアン』はそのような"こだわり"に応える味を追求していきたい」(島岡氏)。



「ジョージア ヨーロピアン」の主要なターゲット層は40代以上の男性が中心だが、デジタルメディアへの投資も積極的に行なっているという。そして、ディスプレイ広告やキーワード広告を活用したウェブサイトへの集客によって、サイトへのアクセスは急増しているほか、オンラインによるブランド認知が拡大しているのだという。「40代以上といっても、今の40代はデジタルメディアに対する接触頻度も高く、活用方法も熟知している層が多い。今後はソーシャルを活用したコミュニケーションの創出や、スマートフォンを活用した購買に繋がるプロモーション展開の充実を通して、消費者のジョージアブランドに対する価値理解をさらに深めてもらえる仕組みをつくりたい。そのための積極的なリーチ拡大とブランド理解の促進を実現していきたいと考えている。」(島岡氏)。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000004-inet-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

サービス+端末で総合ソリューションを提供――edenTABで目指す新しいMVNOの形


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






サービス+端末で総合ソリューションを提供――edenTABで目指す新しいMVNOの形


ITmedia Mobile 8月23日(木)9時42分配信











サービス+端末で総合ソリューションを提供――edenTABで目指す新しいMVNOの形
7インチディスプレイを搭載したedenTAB



 Mobile In Styleが8月22日、7インチタブレット「edenTAB 3Gモデル(edenTAB SIMフリー3G+Wi-Fiモデル)」と、ドコモの3G回線をセットにした商品を発表。edenTAB公式サイトで8月22日から販売を開始する。同社は2012年2月25日にedenTAB Wi-Fiモデル、7月28日にはedenTAB 3G+Wi-Fiモデル(回線なし)を発売してきたが、端末メーカーがMVNOとして3G回線をバンドルして販売するのは初めて。



【3G回線付きedenTAB発表:目指す新しいMVNOの形とは?】



 今回のedenTAB 3Gモデル向けには、下り/上り最大128Kbpsの通信を月額2480円で24カ月間利用できる「お手軽プラン」と、下り最大7.2Mbps/上り最大5.8Mbpsの通信を月額4580円で24カ月間利用できる「スタンダードプラン」を提供する。Mobile In Style代表取締役の下浩子氏は「ライフスタイルに合わせてプランを選べる。お手軽プランは自宅ではWi-Fiネットワークを使い、外ではメールやちょっと検索をするといった方にぴったり。スタンダードプランは、大容量のデータのやり取り、動画やGPSなどをフルに活用したいといった方にオススメ」と説明する。



 これらの料金には端末代も含まれるので、端末価格は実質0円になる。Mobile In Styleは今後も、ECサイトのアプリをプリインストールして集客効果を見込むなどの広告モデルを強化し、ユーザーの料金面での負担(月額料金)を抑えていく構えだ。なお、プランは24カ月契約が前提となり、途中で解約をすると契約解除料が発生する。契約解除料はedenTABの利用期間によって異なり、契約初月に解約すると4万4800円、24カ月目に解約すると1万1450円がかかる。25カ月目以降の料金は「現時点では未定だが、現在の価格よりは安くなる」(Mobile In Style担当者)とのこと。



 edenTABはSIMフリーで、日本ではドコモのほかソフトバンクのSIMカードを利用できる。SIMフリーの魅力について下氏は「規格が合えば、海外の安価なプリペイドSIMが利用できて大変便利。SIMの種類を選ばずに使えるので、回線の縛りがなく利用できる。SIMのプランもいろいろあるが、その中で自分の好みに合ったプランを選べる」と話した。



 ハードウェアの基本仕様は従来のedenTABと同じ。サイズは118.8(幅)×199(高さ)×10.4(厚さ)ミリ、重さは338グラム。ディスプレイは1280×800ピクセルの7インチ液晶。CPUはSamsungの「S5PC210」(1.2GHzデュアルコア)、メモリ(ROM)は16Gバイト。カメラは800万画素CMOSを備える。本体色はホワイト、ブラック、ピンクの3色。今回のedenTAB 3GモデルのOSは、発売当初からAndroid 4.0となっている(発売中の他モデルはAndroid 2.3から4.0へアップデート予定)。テザリングにも対応しており、テザリング利用時の料金も据え置きだ。



 edenTAB Wi-Fiモデル同様にGoogle Playはインストールされておらず、アプリはグループ会社のAccessportが提供する独自Androidマーケット「Tapnow Market」から入手する必要がある。Tapnow Marketに登録されていないアプリも、Tapnow Marketから検索をするとGoogle Playにひも付ける形でインストールできるほか、ブラウザからGoogle Playにアクセスしてアプリをダウンロードすることも可能だ。



 edenTABをベースとした“カスタマイズ端末”の展開も強化していく。その第1弾として、アイドルの吉川(きっかわ)友さんとコラボしたタブレット「KIKKA TAB」も100台限定で発売する。8月6日13時から仮予約を受け付けたところ、「即日完売した。熱狂的なファンの方から非常に好評だった」(下氏)という。今後は「数万台からでないと販売できない大手さんとも組んで、いろいろなサービスと絡めて展開したい」と下氏は意気込む。



 edenTAB全体の目標販売数については「当初は5万台と考えていたが、現在生産が追いついていない。2012年度内にその半分(2万5000台)ほどと考えている」(下氏)とした。現在タブレットに注力しているのは「端末を“メディア”と考え、(広告モデルも含め)さまざまなコンテンツとのシナジー効果を生んでいきたい」ため。Wi-Fiルーターなどのデータ端末ではそうした施策は難しいが、スマートフォンの提供は「検討していきたい」とのこと。



 法人向けタブレットについては「電子POPやスマートデジタルサイネージをタクシーなどに車載するニーズもあるので、そういう展開も考えている」(下氏)という(デジタルサイネージの導入事例はある)。同日にグループ会社のキングソフトが発表した、最大50Gバイトのオンラインストレージを無料で利用できる「KDrive」のアップデートも踏まえ、下氏は「個人と企業のさまざまなニーズに対して、総合的なソリューションを提供していく。企業向けソフトやクラウドサービスと端末+回線があれば最強、という形で強化していきたい」と意気込みを語った。



[田中聡,ITmedia]







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000009-zdn_m-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。