スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホを使ったO2Oサービス「じぶんクエスト」、ゲーミフィケーションで販促支援


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






スマホを使ったO2Oサービス「じぶんクエスト」、ゲーミフィケーションで販促支援


MarkeZine 10月24日(水)15時0分配信











スマホを使ったO2Oサービス「じぶんクエスト」、ゲーミフィケーションで販促支援
画像



 「じぶんクエスト」は、企業が参加者に課題を提供し、販促や集客、商品理解を促進するサービス。スマートフォンユーザーは専用のウェブサイト上で提供される「クエスト」と呼ばれるゲームに参加し、観光地や店舗をめぐり、スタンプラリー、スポーツ観戦回数競争など、さまざまな種類のゲームを楽しむことができる。



 販促・集客にゲーミフィケーションを活用する際、企業ごとに一から専用プログラムを開発するのが主流となっているが、「じぶんクエスト」では、共通の基本プログラムに基づいてサービス提供を行うことで、低コストでスピーディーなサービス導入を実現。また、サイトのアクセス数(PV)、訪問者数(UU)を、参加者の性別・年齢・居住地・時間などの単位ごとに分析できるので、提供中のクエストの課題を早期発見し、迅速に改善することが可能となっている。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000003-sh_mar-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
スポンサーサイト

2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く


japan.internet.com 10月19日(金)11時1分配信











2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く
現在発売されている缶コーヒーの味に焦点を当てたポジショニング



● 2013年の味のトレンドは、「苦味」?



例えば、店頭から商品が消える程のブームになった「食べるラー油」、様々な料理に応用されて食卓を賑わせた「塩麹」など、時代とともに生活者の味覚に対するトレンドは次々と変遷する。大きく分けると、その味覚の方向性は「酸味」「甘味」「苦味」「辛味」などがあるのだが、味香り戦略研究所が発表したレポートによると、2013年の味覚ブームのトレンドは「苦味」なのだという。



【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



「苦味」を楽しむものとして挙がる代表格といえば思い浮かべるのは「ビール」だが、ノンアルコール飲料(いわゆるビールテイスト飲料)の消費拡大やストレス社会などを背景にして「苦味」は日常生活でより身近な食品・飲料に浸透。飲料の分野では、「ビール」だけでなく「コーヒー」「紅茶」「緑茶」など苦味を楽しむことができるものにシフトし、苦味のある食品・飲料が日常生活のあらゆる場面で、精神的な"スイッチ"、"気分転換"といった「アクセント」として摂取されるようになるのだという。



このレポートでは、無糖コーヒーの味の特徴に関して分析を行なっているのだが、それによると酸味、苦味がバランスよく楽しめる現在のトレンドよりも、今後は更に苦味の特徴を際立たせた商品にシフト。今後は、生活者のコーヒーを求めるシーンや心理状態など様々なニーズに合わせた「苦味の質(苦味を活かしたキレやコクの味わい方)」を考慮した商品が求められるとしている。



● 苦味のある本格的な味わいがコーヒー市場のトレンドに



このようなレポートを踏まえて、「苦くて、味がしっかりした本格的な味わいのコーヒーに対するニーズの高まりは、コーヒー市場全体の流れだ」と語るのが、缶コーヒー市場でトップシェアの「ジョージア」を展開する、日本コカ・コーラ株式会社 マーケティング&ニュービジネス ジョージアグループ シニアマネジャーの島岡 芳和氏だ。



島岡氏によると、以前は喫茶店などで出されるさっぱりと軽やかで酸味の強い味わいのコーヒーが好まれていたが、ここ10年の動向を振り返ると、カフェチェーンの拡大によりコクがあってしっかりした味わいの本格的なコーヒーへとトレンドのシフトが起きているという。



このようなトレンドに対して同社が2002年に投入した商品が、「ジョージア ヨーロピアン」シリーズだ。



「ジョージア」と言えば、誰もが手にとったことのある「エメラルドマウンテンブレンド」という大ヒット商品があるが、この商品は島岡氏が"コーヒーの美味しさの王道"と語るように、コーヒーにとって最も重要な酸味と苦味のバランスの良さとさわやかな味わいが特長だ。一方、この「ジョージア ヨーロピアン」は、コーヒーの苦味(ビター感)、旨み、味の深みを追求した商品で、さわやかな味わいの「エメラルドマウンテンブレンド」に対して、「深い満足感」をじっくりと楽しめる商品に仕上がっているのだという。



● "缶コーヒーでここまでやる"と思わせるこだわりの製法を実現



商品のコンセプトは、「ヨーロッパのコーヒー文化に刺激を受け、日本のこだわりで、よりよく生まれ変わった缶コーヒー」。つまり、ヨーロッパのカフェで見られる本格的なコーヒーの楽しみ方に、日本のクラフトマンシップを加え、豆選び、製法、味わいにこだわり抜いた缶コーヒーを実現しているのだ。「強い味わいが出るような豆の焙煎方法、味がさわやかなアラビカ豆・味が濃いロブスタ豆を層にしてゆっくりドリップする抽出方法(深煎り二層抽出製法)など、"缶コーヒーでここまでするのか"と思えるほど本格的な製法を打ち出している」(島岡氏)。



島岡氏によると、「ジョージア ヨーロピアン」は、それまで様々な経験を乗り越えて今まで人生を積み上げてきた人たちに選んでもらえるような商品を目指して開発されたのだという。「色々な経験を積み上げてきた人には、この力強いしっかりした味わいを楽しんでもらえるのではないか」。



そして、消費者に製品に込められた様々なストーリーを知ってもらい、共感してもらった上で商品を選んでもらうことによって、「ジョージア ヨーロピアン」を選んだこと、そしてそれを楽しむことに対する満足度を高めることができると考えているのだ。「自分がチョイスする缶コーヒーが、ここまでこだわって作られているということを理解するだけで、そのチョイスに自信が生まれる」(島岡氏)。



● 商品選びに"こだわり"を持つ人のニーズに応えたい



価値観が多様化する現代社会において、消費者は商品・サービスをこだわって選び、そのこだわりに応える商品が市場の中でイニシアチブを取れる時代になってきた。「ジョージア ヨーロピアン」は現代社会の消費者ニーズに応えるこだわりを提供することで、コーヒーの王道を突き進む「エメラルドマウンテンブレンド」に並ぶ主力商品にしていきたいと考えているのだ。「コーヒーにこだわりを持っている消費者は増えてきている。『ジョージア ヨーロピアン』はそのような"こだわり"に応える味を追求していきたい」(島岡氏)。



「ジョージア ヨーロピアン」の主要なターゲット層は40代以上の男性が中心だが、デジタルメディアへの投資も積極的に行なっているという。そして、ディスプレイ広告やキーワード広告を活用したウェブサイトへの集客によって、サイトへのアクセスは急増しているほか、オンラインによるブランド認知が拡大しているのだという。「40代以上といっても、今の40代はデジタルメディアに対する接触頻度も高く、活用方法も熟知している層が多い。今後はソーシャルを活用したコミュニケーションの創出や、スマートフォンを活用した購買に繋がるプロモーション展開の充実を通して、消費者のジョージアブランドに対する価値理解をさらに深めてもらえる仕組みをつくりたい。そのための積極的なリーチ拡大とブランド理解の促進を実現していきたいと考えている。」(島岡氏)。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000004-inet-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

サービス+端末で総合ソリューションを提供――edenTABで目指す新しいMVNOの形


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






サービス+端末で総合ソリューションを提供――edenTABで目指す新しいMVNOの形


ITmedia Mobile 8月23日(木)9時42分配信











サービス+端末で総合ソリューションを提供――edenTABで目指す新しいMVNOの形
7インチディスプレイを搭載したedenTAB



 Mobile In Styleが8月22日、7インチタブレット「edenTAB 3Gモデル(edenTAB SIMフリー3G+Wi-Fiモデル)」と、ドコモの3G回線をセットにした商品を発表。edenTAB公式サイトで8月22日から販売を開始する。同社は2012年2月25日にedenTAB Wi-Fiモデル、7月28日にはedenTAB 3G+Wi-Fiモデル(回線なし)を発売してきたが、端末メーカーがMVNOとして3G回線をバンドルして販売するのは初めて。



【3G回線付きedenTAB発表:目指す新しいMVNOの形とは?】



 今回のedenTAB 3Gモデル向けには、下り/上り最大128Kbpsの通信を月額2480円で24カ月間利用できる「お手軽プラン」と、下り最大7.2Mbps/上り最大5.8Mbpsの通信を月額4580円で24カ月間利用できる「スタンダードプラン」を提供する。Mobile In Style代表取締役の下浩子氏は「ライフスタイルに合わせてプランを選べる。お手軽プランは自宅ではWi-Fiネットワークを使い、外ではメールやちょっと検索をするといった方にぴったり。スタンダードプランは、大容量のデータのやり取り、動画やGPSなどをフルに活用したいといった方にオススメ」と説明する。



 これらの料金には端末代も含まれるので、端末価格は実質0円になる。Mobile In Styleは今後も、ECサイトのアプリをプリインストールして集客効果を見込むなどの広告モデルを強化し、ユーザーの料金面での負担(月額料金)を抑えていく構えだ。なお、プランは24カ月契約が前提となり、途中で解約をすると契約解除料が発生する。契約解除料はedenTABの利用期間によって異なり、契約初月に解約すると4万4800円、24カ月目に解約すると1万1450円がかかる。25カ月目以降の料金は「現時点では未定だが、現在の価格よりは安くなる」(Mobile In Style担当者)とのこと。



 edenTABはSIMフリーで、日本ではドコモのほかソフトバンクのSIMカードを利用できる。SIMフリーの魅力について下氏は「規格が合えば、海外の安価なプリペイドSIMが利用できて大変便利。SIMの種類を選ばずに使えるので、回線の縛りがなく利用できる。SIMのプランもいろいろあるが、その中で自分の好みに合ったプランを選べる」と話した。



 ハードウェアの基本仕様は従来のedenTABと同じ。サイズは118.8(幅)×199(高さ)×10.4(厚さ)ミリ、重さは338グラム。ディスプレイは1280×800ピクセルの7インチ液晶。CPUはSamsungの「S5PC210」(1.2GHzデュアルコア)、メモリ(ROM)は16Gバイト。カメラは800万画素CMOSを備える。本体色はホワイト、ブラック、ピンクの3色。今回のedenTAB 3GモデルのOSは、発売当初からAndroid 4.0となっている(発売中の他モデルはAndroid 2.3から4.0へアップデート予定)。テザリングにも対応しており、テザリング利用時の料金も据え置きだ。



 edenTAB Wi-Fiモデル同様にGoogle Playはインストールされておらず、アプリはグループ会社のAccessportが提供する独自Androidマーケット「Tapnow Market」から入手する必要がある。Tapnow Marketに登録されていないアプリも、Tapnow Marketから検索をするとGoogle Playにひも付ける形でインストールできるほか、ブラウザからGoogle Playにアクセスしてアプリをダウンロードすることも可能だ。



 edenTABをベースとした“カスタマイズ端末”の展開も強化していく。その第1弾として、アイドルの吉川(きっかわ)友さんとコラボしたタブレット「KIKKA TAB」も100台限定で発売する。8月6日13時から仮予約を受け付けたところ、「即日完売した。熱狂的なファンの方から非常に好評だった」(下氏)という。今後は「数万台からでないと販売できない大手さんとも組んで、いろいろなサービスと絡めて展開したい」と下氏は意気込む。



 edenTAB全体の目標販売数については「当初は5万台と考えていたが、現在生産が追いついていない。2012年度内にその半分(2万5000台)ほどと考えている」(下氏)とした。現在タブレットに注力しているのは「端末を“メディア”と考え、(広告モデルも含め)さまざまなコンテンツとのシナジー効果を生んでいきたい」ため。Wi-Fiルーターなどのデータ端末ではそうした施策は難しいが、スマートフォンの提供は「検討していきたい」とのこと。



 法人向けタブレットについては「電子POPやスマートデジタルサイネージをタクシーなどに車載するニーズもあるので、そういう展開も考えている」(下氏)という(デジタルサイネージの導入事例はある)。同日にグループ会社のキングソフトが発表した、最大50Gバイトのオンラインストレージを無料で利用できる「KDrive」のアップデートも踏まえ、下氏は「個人と企業のさまざまなニーズに対して、総合的なソリューションを提供していく。企業向けソフトやクラウドサービスと端末+回線があれば最強、という形で強化していきたい」と意気込みを語った。



[田中聡,ITmedia]







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000009-zdn_m-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

宅配に対応していない飲食店の弁当も注文できる「ごちクル」が2.5億円の資金調達


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






宅配に対応していない飲食店の弁当も注文できる「ごちクル」が2.5億円の資金調達


TechCrunch Japan 8月23日(木)10時0分配信













宅配に対応していない飲食店の弁当も注文できる「ごちクル」が2.5億円の資金調達

拡大写真
写真:TechCrunch



弁当の出前と言えばたしかにこれまで出前館だとか楽天デリバリーだとかインターネットでも老舗なサービスはあるにはあった。ごちクルがそれとは違うのは、自ら出前のための集客や注文のやりとりそして配達の機能までも用意していることだ。だから、それまで弁当などの出前に参入していなかった街の飲食店や食品の製造会社が弁当の出前を手がけられるようになっている。したがって、用意されている出前の店舗のラインナップがほかとは異なっている。



iPadによるPOSレジのユビレジがセールスフォースと資本業務提携



ごちクルを運営するスターフェスティバル代表取締役の岸田祐介氏が言うには「これまでの出前は、極端に言えば出前ができるファシリティーがあるから、たまたま弁当を作って配達していただけ。ただ、われわれは実際の配送業務を手がけることで、配達をしていない飲食店や製造するだけの食品製造工場でも参入できるようにした」のだという。



インターネットのサービスではあるが、実際の注文は電話でしか受け付けないというのも変わっている。注文を受け付けるのは店舗ではなくて、ごちクルのコールセンタースタッフだ。なぜ彼らが注文を受けるのかは、店舗側の負担を減らすためだが、電話で注文を受け付けるのは、必ず電話で折り返し注文の内容を確認しているのだという。なぜなら、客側が実際にはどんな注文をすればいいのか的確な注文ができないケースがあるからだとう。



たとえば、ひとりに1つずつ弁当を注文するケースはわかりやすが、20人でパーティーをするので、適切な量のオードブルなどを頼みたいといったときに、なにをどれぐらい注文すればいいのかは普通の人にはわかりづらい。だから、ごちクルのスタッフ側で簡単なコンサルティングをして店舗側に適切な量の注文をするのだという。このようにごちクルはそれまでの情報を集めたカタログと注文機能を集めた出前サービスから一歩踏み込んで出前のビジネスに参入している。



前置きが長くなってしまったが、ごちクルを運営するスターフェスティバルは今日グロービス・キャピタル・パートナーズとグリーベンチャーズから総額2億5,000万円の第三者割当増資での資金調達をしている。この資金によって人材獲得、マーケティング、サービスの運転に充当していくという。



現在、ごちクルは関東、関西、名古屋、福岡周辺で150店舗が準備中も含めて参加する予定となっているが、カバーしている地域もまだまだ小さい。これを全国に広げようとしている。いまのところ月間で17万から18万食程度のオーダーがあるのだという。働く人材もインターネット事業ではあるもののリアル事業の要素が強いので、それまで飲食業などを手がけていた人も多いのだという。そのため、飲食店などの出前に関するコンサルティングなども提供できているそうだ。



岸田氏は過去には楽天に務めていて楽天球団の立ち上げなどに携わっている。このビジネスを思いついたのは、楽天デリバリーに携わったときに、そのビジネスに限界を感じたからだという。



米国でもGrubHubのようなローカルならレストランから出前を可能にしているビジネスなんかも登場している。インターネットで情報を扱うだけのビジネスではないの参入するのは容易ではないが、売る側も買う側にもニーズがあるこういったビジネスは多くの人たちに受け入れられやすいだろう。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00009607-techcr-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

人気ブロガー続々! ニコ動が有料記事配信サービス「ブロマガ」を始めた狙い


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






人気ブロガー続々! ニコ動が有料記事配信サービス「ブロマガ」を始めた狙い


nikkei TRENDYnet 8月27日(月)11時3分配信


















人気ブロガー続々! ニコ動が有料記事配信サービス「ブロマガ」を始めた狙い
ドワンゴは2012年8月21日、動画サービス「niconico」で記事コンテンツを配信する「ブロマガ」を開始した。記事コンテンツをメールマガジン形式などで配信でき、ePUB形式の電子書籍にすることもできる。




 ドワンゴは2012年8月21日、動画サービス「niconico」で記事コンテンツを配信する「ブロマガ」を開始した。記事コンテンツをメールマガジン形式などで配信でき、ePUB形式の電子書籍にすることもできる。記事ごとや月額での課金に対応し、記事の一部のみ有料にすることも可能だ。



【詳細画像または表】



課金システムを持つ記事コンテンツ配信サービス



 「ブロマガ」は、動画サービス「niconico」の中の公式動画配信サイト「ニコニコチャンネル」で、記事コンテンツを配信する機能だ。ブログやメールマガジン、ePUB形式の電子書籍で配信する。記事ごと、または月額での課金に対応し、記事は無料、有料、一部有料のいずれかになる。料金は著者が決定し、料金の3割はシステムの利用料金で残りの7割が著者の取り分となる。支払いはクレジットカード、ポイント払い、キャリア決済に対応する。



 第一弾として、「国民の生活が第一」党首の小沢一郎氏、アニメーション監督の押井守氏、ジャーナリストの津田大介氏、ミュージシャンのGACKT氏など各界の著名人や企業・団体などが76のチャンネルでコンテンツを配信する。今後はチャンネル数を増やし、将来的には誰でも利用できるプラットフォームにしていきたい考えだ。



 ニコニコチャンネルでの動画や生放送と組み合わせることで、情報の発信者はコンテンツに最適な配信手段を選べる。また発信者が収益を得られる課金の仕組みがあることで、無料の情報発信では難しいモチベーションの維持、限られたユーザーへの本音の配信、“ソーシャル疲れ”の防止などができるという。



メルマガは課金モデルが成功している数少ない例



 ドワンゴはこれまでの動画配信に加えて、電子書籍配信の「ニコニコ静画」や音楽ダウンロード機能も提供するなど、ニコニコ動画で配信できるコンテンツを拡充して利用者の拡大を狙っている。ブロマガもこうしたコンテンツ拡充の一環。発表会に出席したドワンゴの夏野剛取締役は「ブログもSNSも情報発信者が増えすぎてマンネリ化している。ブロマガはキュレーター的な役割のできる人が、テキストも含めたマルチな情報発信ができるプラットフォームで、これまでこうした場はなかった。niconicoには2800万人以上の会員がおり、最初から集客力のある状態で開始できるのが強みになる」と述べた。また、「課金の仕組みがあることで、進んで前向きに読んでくれる読者が中心になる。情報発信者も他のメディアでは言えないことが言える。こうしたギリギリの議論ができる場を作りたい」と意気込みを語った。



 発表会後は、ジャーナリストの津田大介氏、ジャーナリストの佐々木俊尚氏、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」著者の岩崎夏海氏、ドワンゴの川上量生会長、ドワンゴの夏野取締役によるトークセッションが行われた。



 川上会長は「ネットは無料が当たり前というのは間違い。そろそろ世界的に有料課金のゆり戻しが来ると考えている。コンテンツホルダーはコンテンツを切り売りされて弱体化しないように、自前のプラットフォームを獲りに行くべきだが、なかなか難しい。そのためのプラットフォームになるのがブロマガの目指す所でもある」とコメント。「ネット上の限定されたユーザーに対して、何でもできるようなサービスにしていきたい」とした。



(文/湯浅英夫)







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120827-00000004-trendy-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

「PayPal Here」の展開で、日本の決済市場を進化させる――ソフトバンクモバイル 喜多埜裕明氏に聞く


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






「PayPal Here」の展開で、日本の決済市場を進化させる――ソフトバンクモバイル 喜多埜裕明氏に聞く


ITmedia Mobile 8月27日(月)11時44分配信











「PayPal Here」の展開で、日本の決済市場を進化させる――ソフトバンクモバイル 喜多埜裕明氏に聞く
PayPal Hereの決済フロー。1200円のカード読み取り端末をスマートフォンに差し込んで使う



神尾寿のMobile+Views:

 個人の生活からビジネスまで、さまざまなシーンでリアルとインターネットの垣根が取り払われつつある。スマートフォンの普及も追い風になり、インターネットの中だけの消費活動やサービス提供から、リアルの店舗・施設と連携した形へと急速に変化しているのだ。O2O (Online to Offline、ネットの情報と実店舗への集客や購買を連携させる取り組み)という言葉が、現実の世界の中に浸透しつつある。



 そのような中で、ソフトバンクと、アメリカの決済サービス会社PayPalが戦略提携を発表。グローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を軸に、ネットとリアルを結ぶ新たな決済サービスを展開していく方針を発表した。



 ソフトバンクはPayPalとの提携で、どのようなビジネスやサービス展開を目指すのか。そのメリットと波及効果はどれほどあるか。ソフトバンクモバイル 常務執行役員 商品統括の喜多埜裕明氏に、ジャーナリストの神尾寿が話を聞いた。



●PayPalをなぜ選んだのか



――(聞き手 : 神尾寿) 私はおサイフケータイが始まったときから、電子マネーやクレジットカードのビジネスを取材してきました。今回、PayPalとの提携でソフトバンクは従来のコンテンツ課金だけでなく、リアルな決済市場に本格的に参入されます。そこで、その戦略や取り組みについておうかがいたいと思います。



 最初に、ソフトバンクとPayPalが戦略提携について、ソフトバンク側の狙いや背景をお聞かせください。



喜多埜裕明氏 大きな狙いとしては、O2Oに向けての狙いがあります。(ソフトバンク社長の)孫がいつも申し上げているように、我々のテーマとして「情報革命」があり、スマートフォンの時代になって、そのビジネスはモバイルに広がってきています。



 O2Oということで言いますと、すでに「Yahoo!」で検索した情報から、飲食店など店舗にお客様が向かうという原初的な送客は行われています。今やリアルな街の情報をネットで調べてから行動するというのは、ごくあたり前に行われているわけですね。



 しかし、このようにネットから送客しているだろうという感覚は(インターネット企業として)持っていても、それがリアルのビジネスに本当に貢献できているのかとか、その先のところまでは今までは分かりませんでした。そこでソフトバンクが決済ビジネスに参入することによって、さまざまな店舗と消費者にとってメリットのあるサービスが作れるのではないか。我々にとってのビジネスチャンスもあると考えて、PayPalとの戦略提携を行いました。



―― なぜ、アメリカのPayPalを選んだのでしょうか。



喜多埜氏 いくつか要因があると思っています。ひとつはPayPalが、オンラインの決済ビジネスで圧倒的な取り扱い量を誇っていること。その点で親会社が(eコマース大手の)eBayであることも、重要なポイントでした。あとは信頼性ですね。PayPal Hereのような簡易なカードリーダーを作っているところは何社かあるのですが、信用情報を扱うので、しっかりしたところと組む必要があった。



 そして、もうひとつの理由があります。スマートフォンを活用したクレジットカード決済として、アメリカではSquareの実績が上がっています。アメリカでPayPal HereとSquareは競争関係にあるわけですが、このようにライバルと切磋琢磨している企業と組む方がいいのかなと思いました。



―― おサイフケータイの電子マネーでの取り組みでは、ドコモが三井住友カードと提携して「iD」を立ち上げました。国内でアクワイアリング(加盟店開拓)のノウハウがあるカード会社と組む、という選択肢は考慮されなかったのでしょうか。



喜多埜氏 今回、僕らが営業をかけていきたいところは、既存のカードリーダーが入っていないところです。カード会社さんが営業をかけても、端末が高すぎるとか、回収までの期間が長すぎるとかで端末を入れてくれないようなところなわけです。考え方を新しくやっていかないと突き進めないだろうということも含めて、(既存のカード会社ではなく)PayPalとやるのがいいという決断をしました。



―― しかし未着手市場に挑戦するといっても、加盟店開拓は必要です。アクワイアリングをどうするのか。PayPalはアクワイアリングの機能を日本に持っていませんよね。



喜多埜氏 持っていません。具体的には申し上げられませんし、将来的にどうなるかは分かりませんが、別のところと組んでやるということになります。



―― まったく新しい組織としてアクワイアリングの組織が立ち上がって、そこにはソフトバンクもコミットメントしていくのですか?



喜多埜氏 いえ、そのハンドリングはPayPal側がやります。



●ソフトバンクが持つ「グループの強み」とは?



―― 加盟店開拓の目処や目標などはあるのでしょうか。



喜多埜氏 データソースが色々あるのでどれが本当か分かりませんが、今、クレジットカードを使えるお店は、だいたい100万件くらい、使えないお店は300万件強だとみています。ターゲットとしているのは、この300万件強のリアル店舗に加えて、店舗を構えずデリバリーでビジネスをしている業種・業態になります。ですので、(加盟店規模として)400万から500万件くらいのポテンシャルがあると思っています。



 今回、PayPal Hereの端末を1200円で販売させていただき、決済手数料は5%と設定させていただきます。この手数料率の評価はさまざまでしょうが、できるだけ早いうちに(加盟店を)数十万件規模にまでもっていきたい。中長期的には、加盟店規模は100万を目指します。



―― それだけの新規加盟店を開拓するとなると、消費者の非現金取引がどれだけ増えるかも重要になります。日本はアメリカなどに比べて現金決済が多く、クレジットカード利用率が低いわけですけれども、今後、日本でもカード利用率が変わっていくと考えていらっしゃるのでしょうか。



喜多埜氏 変えていきたいと思っています。そもそも、現金だと500円払うと今500円がなくなるわけですが、カードだと支払いは先になりますよね。また、各社がポイントを付けていますので、メリットは現金より大きいはずなんです。世の中の人々は節約のためにあの手この手といろんな方法を考え出し、ハウツー本なども売れるわけですよね。それなのに、どうしてメリットのあるクレジットカードを使わないのか。そういったことをしっかり訴えかけたい。



 また、日本の治安も悪くなっています。お財布に現金を入れているより(クレジットカード利用の方が)安全という面でも訴えることができるかもしれません。クレジットカードを使った方がお得な部分を色々出していきたいと思っています。



 PayPal Hereには二通りの使い方があります。一般的にはスマートフォンにカードリーダーを差してクレジットカードを読み取る方法ですが、それ以外にユーザー(消費者)側のアプリもあって、これを利用すればカードリーダーを使わなくても決済ができるのです。そして、そのアプリで自分の購入履歴も分かる。さらに店舗側からクーポンやポイントを出したりできます。そうすると「現金よりずっといいぞ」と思われるようになるんじゃないかと。



―― ソフトバンクとして、クレジットカードのイシュア事業を行っていく計画はありますか。



喜多埜氏 それは十分考えられますね。そもそも、ヤフーはクレジットカードを(イシュアとして)出しています。



 これはJCBと連携していて、イシュアはヤフーという形で数年前から出しています。これをグループとしてどうしていくのか、ということも考えています。



 実は私は今年3月まで、ヤフーにいたのですよ(笑)。そこで今度はソフトバンクグループの一員として、ヤフーもひっくるめてどうしていくのが最適解なのかを考えようと思っています。イシュアがヤフーであるものをうまく担いでいくのか、もう少し違った形もあるかもしれない。



―― イシュアとしてカードを発行していて、それがPayPal HereやPayPalと組み合わされていくと、消費者側と加盟店側が対になるので、CRL(証明書失効リスト)をちゃんと組み込むとか、ダイレクトマーケティングの機能と決済をセットで展開するとかが、とてもやりやすいですね。



喜多埜氏 そのとおりです。他社とソフトバンクグループとの違いは、ソフトバンクモバイルにウィルコムを合わせて3000万以上、ヤフーに5000万以上のお客様がいらっしゃって、連絡を取れる方法を持っていること。Webもありますし、メールでいろんなお知らせを届けることもできます。そこが大きなメリットだと思っているので、おっしゃるように、イシュアやアクワイアラの業務にも大きなメリットがあります。



―― 一気通貫ですよね。今までのO2Oは送客が主な部分で、それ以上のことまで踏み込めていかなかったのは確かです。ソフトバンクが、グループとしてネット上での会員向けサービスから決済、加盟店業務まですべてにソリューションを持つというのは大きい。



喜多埜氏 ええ。消費者に情報を伝えるにしても、例えば男性にとって女性用化粧品の5%割引クーポンは嬉しくもなんともありませんし、邪魔ですよね。そのあたりをグループ全体でうまくマージ(融合)しながらやっていけると思っています。ヤフーはターゲティング広告で、オンライン上の行動履歴や登録情報を使っているわけですが、今度はそれとオフラインの情報もうまく組み合わさってくると、よりその人に喜んでいただけると思います。



 さらにソフトバンクモバイルで、モバイルの事業があることも重要です。スマートフォンのいいところは位置情報機能があること。近くのいい情報をいいタイミングで送信できれば、これもユーザーと店舗側の両方に喜んでいただけます。一気通貫で決済にからむ事業をやっていければ、いいサービスを作れるかな、と戦略的には考えています。



●既存カード決済サービスに対する、PayPal Hereの優位性



―― 今後アクワイアラとして加盟店を増やしていくわけですが、既存のクレジットカード会社に対しての強みとしてどのような訴求を行うのでしょうか。



喜多埜氏 まず、初期導入コストが安いことが訴求ポイントになります。これまで数万円から十万円レベルで導入していたクレジットカード決済端末が、1200円で買える。さらに今までだと(決済の認証処理用に)有線回線を引く必要があり、それの維持コストが当然かかったわけですが、(PayPal HereはiPhoneに接続するため)それも必要ありません。



 むろん「PayPal Hereを使うためにスマートフォンを買う」という方もいらっしゃるかもしれませんが、時代の流れとして、いずれにしてもケータイからスマートフォンに移行するのです。どうせ持つことになるスマートフォン、どうせ払う通信費の中で、PayPal Hereは使える。そう考えれば、決済手数料として5%はいただきますが、月々のオペレーションコストは格段に安いと言えるでしょう。



 また、(クレジットカード決済した売上金の)回収も従来ですと15日から30日かかっていたものが、PayPal Hereでは、ほぼ即時になります。キャッシュアウトして銀行から引き出すのも、どの銀行かにもよりますが、3営業日から5営業日で引き出せるようにしようと考えています。このあたりが既存クレジットカード事業者に対する強みになるでしょう。



 さらにこれらに加えて、Yahoo! Japanとの連携や、顧客基盤を持っているソフトバンクモバイルとの連携もある。単純に「クレジットカード決済が使えますよ」というだけではなく、(O2Oの)マーケティング手段も用意していく。これらが他社との大きな違いになるでしょう。



―― 私はPayPal Hereで一番の強みになるのは、支払いまでの短さだと考えています。飲食店などで顕著ですが、クレジットカード加盟店の声として「クレジットカードで決済された売上金が、カード会社から支払われるまでが長すぎる」という声をよく聞きます。小規模事業者を中心に、現金に近いタイミングで売上金が回収できるならば決済手数料率が多少高くても喜ばれるかもしれません。



喜多埜氏 そうですね。あと、手数料5%を高いと見るか安いと見るかということがありますが、回線コストがかからないということを含めて考えていただきたい。しかも、いまだカードリーダーを入れていない(=カード会社の加盟店になっていない)ところが既存の端末を入れたときの決済手数料って、僕の想定では6%から7%くらいになると思うんです。



―― なるほど。確かに加盟店実績がなかったり、事業規模・売り上げ規模が小さいとカード会社の手数料率は割高に設定されますね。飲食店だと6~7%、いわゆる“夜のお店”だと10%を超えるケースもあります。



喜多埜氏 確かにカード決済を導入すれば、現金決済に比べて5%の手数料がかかるわけですが、そこは(PayPal Hereの)利便性を訴えたいですね。



―― ところで、加盟店開拓は「人海戦術」という面もあります。それらの訴求ポイントが、はたして“今現在クレジットカード導入を考えいていない”事業主にまで伝わるのでしょうか。



喜多埜氏 営業力の部分も我々の強みですよ。ソフトバンクには全国に2000店舗以上のソフトバンクショップがあって、そこで(PayPal Hereの)カードリーダーを販売できます。また、ダイレクト営業にも力を入れています。



 さらに(リアル店舗に)ソフトバンクWi-Fiを設置しにいっている部隊があり、すでに20万カ所以上にWi-Fiの設備を入れていただいています。そこには従来のカードリーダーが入っているところもありますが、もちろん入っていないところもある。これから数は間違いなく増やしていくはずですので、こういったソフトバンクの営業力は生かしていけると思います。



―― なるほど。ここまでお話をうかがっていますと、PayPal Hereは既存クレジットカード会社の決済サービスより魅力的な点が多く、(既存のカード会社加盟店を)リプレースするような展開も考えられるのではないかと感じます。カード会社の加盟店を積極的に獲得していくようなアクワイアリングは考えられないのでしょうか。



喜多埜氏 いえ、僕らはカード会社さんと戦おうとは思っていません。どちらかというと「カード利用が増えましたね」という部分で感謝される側に回りたい。市場を広げたいという気持ちです。



 もちろん、店舗様から依頼があれば、お話をさせていただきます。ただ、特に大規模店舗さんの場合はPOSレジになっているので難しいですね。PayPal Hereは本当に簡単な履歴が残るだけで、POSには対応していないので。



●PayPal Hereで狙う業種・業態



―― PayPal Hereの展開として、特に重視している業種・業態はどこになるのでしょうか。



喜多埜氏 実はまだ営業はやっていないんです(2012年7月26日現在)。お問い合わせは多数いただいているのですが、ローンチは慎重に行いたいので、まずはトライアル的にと考えています。



 その上で、ではどこの業種業態からターゲットにしていくかといえば、順当なところでは中小飲食店。あと先ほど述べたとおり、デリバリー系のビジネスは重視していきたいですね。ピザ屋さんとか、お寿司屋さんとか。



―― 大手宅配業者ではモバイルハンディターミナルによる着払い荷物のカード決済が実現していますが、その他のデリバリービジネスだとカード決済には対応していないケースがほとんどですね。



喜多埜氏 そうなんです。すでにデリバリー系の事業者からは多数お問い合わせいただいています。ほかにも、保険の外交などもニーズはありそうです。あとは、商店街の中にあるお店なども含めてどんどん行きたいですね。あと少し規模の大きいところとしては、地方の中堅スーパーなどもターゲットと考えています。



―― タクシーはいかがでしょうか。都内の大手タクシー会社はクレジットカードや電子マネー決済に対応していますが、地方を中心にクレジットカード決済に対応していないタクシー会社が大半です。



喜多埜氏 タクシーは考えています。ここも規模は大きいですからね。



●「現金払い」を過去のものに



―― ソフトバンクは今後、日本の決済市場にどんなインパクトを起こしたいのか。少し長期的な視野で、ビジョンをお聞かせください。



喜多埜氏 目に見えるところだと、(決済における)安心・安全・便利を実現したい。発表会の時に孫が申し上げていましたが、「財布を持ち歩くのはかっこ悪い」という風にしたい。ごく普通の人々が、「キャッシュレスで本当に便利になった」と実感していただける世界を作ります。この便利というのが、分厚い財布を取り出して、お金をいちいち数えるような面倒なことをしなくてよいという世界です。そして、ポイントカードやスタンプカードがいっぱい、みたいなこともない。本当に楽で便利で、お得な世界を作りたいと思っています。



―― もしかしたら、私の子どもたちは将来、サイフが現金でパンパンになるという経験をしないかもしれませんね(笑)



喜多埜氏 そうですよね。キャッシュレスがあたり前になって、慣れてしまうと、もはや便利だとも思わないかもしれません。そこで私たちは昔を思い出して、「現金払いなんて、よくあんなことやっていたなぁ」と感じるようになるのではないでしょうか。(プロモバ)



[神尾寿,ITmedia]





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000032-zdn_m-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

ExpoTODAYとmarbleASP、宣伝会議販促・集客メディアフォーラム2012に出展


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






ExpoTODAYとmarbleASP、宣伝会議販促・集客メディアフォーラム2012に出展


RBB TODAY 8月28日(火)18時45分配信













ExpoTODAYとmarbleASP、宣伝会議販促・集客メディアフォーラム2012に出展

拡大写真
宣伝会議販促・集客メディアフォーラム2012ホームページ



 イードは、8月28日から29日まで開催される「宣伝会議 販促・集客メディアフォーラム2012」にて、今年6月にオープンした展示会情報メディア「ExpoTODAY」と、ECプラットフォームmarbleASPなどの自社メディア、サービスを出展する。



他の写真を見る



 ExpoTODAYは、展示会出展企業がブースで配布する資料データをユーザーがダウンロードできる機能を備えており、今回の「宣伝会議 販促・集客メディアフォーラム2012」ではイードのブースにて展示される下記の資料がダウンロードできる



●発展途上国携帯電話使用実態調査

●グローバルネットリサーチによるユーザー生活実態の探索(BRICsと日本のライフスタイル比較)

●インドネシアの大学生におけるオシャレ・身だしなみに対する価値観調査

●アジア・デザインクラスター調査

●IID EV Report 第2回(EV市場に関するクルマユーザー意識調査)

●防災・防犯アプリ利用の実態調査

●自宅でのプリンター利用に関する実態調査

●デジタルカメラのアクセサリ利用の実態調査

●SNSのファンページ利用の実態調査

●交通手段とアウトドアの実態調査

●モバイル製品、サービス顧客満足度調査2011年度版(モバイルアワード2011)

●モバイル製品、サービス顧客満足度調査2010年度版(モバイルアワード2010)

●モバイル製品、サービス顧客満足度調査2009年度版(モバイルアワード2009)

●カーナビアンケート2006夏

●2010冬レスポンス カーナビ調査

●情報漏えい年鑑2012(抜粋)



ExpoTODAY --- 展示会・ビジネスイベントの総合メディア。日本全国の展示会、企業イベント、セミナーなどのビジネスイベントが検索できる。さらにユーザーは、興味のあるイベントの種類を設定することで、おすすめイベントの通知を受けること、名刺情報と引き換えに展示会出展資料をウェブでダウンロードすることが可能となる。



marbleASP --- 2003年よりASP提供を開始したECサービス。運用ワークフローを強く意識した管理画面が運用負荷を軽減させ、運用者のショップ売上アップへの注力を可能にするASPサービスとして、大手・中堅のECサイトに数多く採用されている。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120828-00000040-rbb-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

日本人は世界一アプリにお金を払う人種? 1,000万ダウンロード分析して気付いた日本と海外の違い


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






日本人は世界一アプリにお金を払う人種? 1,000万ダウンロード分析して気付いた日本と海外の違い


TechCrunch Japan 8月29日(水)16時49分配信













日本人は世界一アプリにお金を払う人種? 1,000万ダウンロード分析して気付いた日本と海外の違い

拡大写真
写真:TechCrunch



編集部註:この寄稿はAndroidアプリ向けのリワード広告プラットフォームを提供するメタップスの代表取締役CEOの佐藤航陽氏によるものだ。メッタップスはシンガポールにも拠点を置き、海外向けにも事業を展開している。



トップAndroidデベロッパーはこうしてアプリの品質テストを行っている



先週、メタップスで展開するアプリ収益化プラットフォームに参加しているAndroidアプリのダウンロード数が、世界で累計1,000万を超えました。昨年の8月からサービスを開始して約1年が立ちましたが、2012年に入ってからはよりアプリ市場の急激な盛り上がりを感じています。



シンガポール・東京・シリコンバレー・香港でAndroidアプリ開発者のマネタイズの支援を行ないながら、各国のマーケットの特徴やアプリ開発者の特徴などを色々と観察してきました。そ子から得られた日本と海外のアプリ開発現場の興味深い違いを一部ここで共有したいと思います。



日本人は世界一アプリにお金を払う人種?スマートフォンアプリ解析のApp Annieがカジュアルゲーム関連のイベントのCasual Connectで発表した資料に、各国のiOSのゲームにおける1ダウンロードに対する収入を比べた資料がありました。



この資料では日本だけほかの国と比べて頭3つぐらい飛び抜けていて、「本当かこれ?」と思うようなデータでした。1ダウンロードに対するアプリの収益は日本は北米の3倍、中国の27倍と凄まじい差となっています。これを見て「日本人はみんな金持ちなのか?」「日本人はモバイルコンテンツにすぐお金を払う特殊な人種なのか?」みたいなことを海外のアプリ開発者に訊かれたり、「日本はガラケーのエコシステムが受け継がれた特殊なマーケットだ」みたいな話が出たりと、この結果に対して世界中の開発者は理由を理解できていない状況のようです。



メタップスは毎日各国のアプリ開発者とマネタイズに関する相談を受けたり施策を実験したりしていて、このあたりの謎が解けそうだと思い、自社のアプリのネットワークを色々と分析していました。



メタップスでは課金の併用として使われるリワード広告の仕組みをAndroidアプリ開発者向けに提供しています。リワード広告は「間接課金」と表現する人もいて、アプリに対してお金を支払いたくないユーザーでも広告でオファーされているゲームをダウンロードすることで、課金と同じ価値を受けられる仕組みです。実際はアプリ内課金と併用で使われることがほとんどで、ユーザーに金銭的な負担を求めずに開発者は課金と同じような広告収入を得られるので、ユーザーのお財布事情に関係なくマネタイズが実践できるメリットがあります。



自社のネットワークの約1,000万ダウンロードの数の内訳は4割が日本製のアプリ、6割が海外製のアプリで、ジャンルはいずれも9割以上がゲームです。そこからパートナーが1ダウンロードあたりに得ている平均リワード広告収入を日本製のアプリと海外製とで比較してみました。結果は日本製アプリの1ダウンロードにおけるリワード広告収入は海外の9.4倍あり、かなり驚異的な数値となりました。各国の広告平均単価の差を加味しても、3~5倍の収益性の差が日本と海外のアプリにはあるようです。









リワード広告収入は純粋な直接課金とは異なり、「課金意欲」もしくは「課金機会」と広告収入が比例します。実際にユーザーがお金を払ってくれる「性質」があるかどうかは関係がありません。ここから日本人はコンテンツにお金を払いやすい人種というわけでなく、日本市場が非常に「儲かるマーケット」であるということも少し違うようです。むしろユーザーがお金を払っても遊びたいと感じる日本の「アプリの仕組み」そのものが、高い収益性をたたき出している理由だと考えたほうが良さそうです。



特に「運用」における概念は日本と海外のアプリ開発会社で大きく異なっています。海外のアプリ開発は完全なネイティブアプリとして制作する開発者が多く、ダウンロードされたらそれで終わりで、運用自体も不具合のサポートとアップデータ程度にして、次の新しいアプリを作り始める開発者が多いです。日本はブラウザー系コンテンツが主流でウェブアプリとネイティブアプリとを混ぜてアプリを制作する場合が多く、日時や週時でリアルタイムでの情報更新やイベントやキャンペーンの開催などユーザーをアクティブにして、継続率を高めるリテンションに対する力が非常に高いです。



この結果を見るとスマートフォン市場の波は実は日本のコンテンツ会社にとっては危機ではなく、むしろかなりの追い風になりそうです。言語の問題さえ解決できれば、国内の限られた市場で展開するより、はるかに勝ちやすく莫大な収益を確保できる可能性があります。実際に日本のアプリ開発会社で海外で売上を出し始めている企業も増えてきています。中には半年程度で月商1億円を超える規模まで拡大したパートナーも数社存在します。



自社でユーザーを集客するのが普通な海外アプリ開発会社もう一点日本と海外で大きく異る点として、アプリ開発者のマーケティングに対する考え方にかなりの違いがあります。海外のアプリ開発会社は自社でマーケティングを実施し、ユーザーを集め、自社でユーザーを管理する形が普通です。そのためトップディベロッパーであるほどマーケティングやプロモーションなどの集客におけるノウハウを自社で蓄えており、それを強みとしている場合が多いです。



逆に日本のアプリ開発会社はコンテンツを「作る」能力とそれを「運用する」能力がものすごく高いのですが、ユーザーをどう集めるかという点においては苦手な場合が多いです。そのためコンテンツがユーザーに届くまでに介在する登場人物(キャリア、ソーシャルネットワーク、メディアレップ、広告代理店、コンサルティング企業)が多くなってしまいややこしくなる傾向があります。



日本は東京を中心にIT市場の経済は成り立っていて、ガラケーモバイルコンテンツの時代から強力なプレイヤーがユーザを一箇所に囲い込み、巨大なエコシステムを構築してくれていました。これが時代によってキャリア公式ポータルだったりソーシャルネットワークだったりしましたが、そのおかげで囲い込んだ「池」の中にコンテンツを提供すれば自社でマーケティングをする必要性はそれほどありませんでした。



それがスマートフォンの普及によってGoogleとAppleが世界共通の巨大なエコシステムを作りあげて、国境にあった壁をふっ飛ばしてしまいました。コンテンツ提供者にとっては囲い込んだ池で釣りをしていたら、突如隣に海が現れたイメージ近い気がします。



一方、海外はアプリ開発者自体も強力で、たとえばRovioの提供する『Angry Birds』はアプリ単体で世界5億ダウンロード以上されています。また北米のゲーム開発会社「Storm8」なども2億ダウンロード以上を1社で達成しており、彼らを囲い込んでメリットを提供できる企業は、GoogleとAppleを除けば世界には10億人近いユーザを抱えるfacebookぐらいしか候補がないです。



スマホの急激な普及でフィーチャーフォン時代に囲い込んだ「池」の存在意義が薄れていく中で、アプリ開発者に求められているのは自分で船を出し、巨大な海を公開して自由に漁業をするノウハウです。言い換えれば膨大な世界のスマートフォンアプリ市場で自社でユーザーを自由に獲得できるマーケティング能力がアプリ開発者の勝敗を大きくわける鍵になることが予想されます。



海外のアプリ開発会社はプロモーションのプランニングなども自社で行ない、ダイレクトにアドネットワークと取引をし、運用なども行ないながらノウハウを蓄積しているケースが多く、マーケティング部門が非常に優秀です。



今後日本のアプリ開発者も世界で勝負していかなければならない時期がすぐ来ます。自社でユーザーを獲得し、必要な機能やソリューションを外部から柔軟に取り込み組み合わせて、自社独自の「勝ちパターン」を見つけていくことが近道です。



身軽なスタートアップは「超」が付くほど有利な時代最近上場企業の決算を見ているとモバイルのキーワードに関わるすべてのIT企業の業績に、スマートフォンの影響がじわじわ出始めているのが感じとれます。かなり危機的な状況に立たされている企業もあれば、波を捉えて右肩上がりの場合もあり色々です。ただスマートフォン市場で一番有利なのは間違いなく身軽なスタートアップだと思っています。既存事業もないので過去の資産を有効活用する必要も、シナジーを生ます必要もありません。違うなと思ったらスピーディーに方向転換ができますし、一度軌道に乗れば数カ月で大手を抜き去る規模まで成長することもできます。



じゃあ具体的に何すれば良いのか? という話はこのあたりで一部情報を公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。2013年までのスマートフォン市場はスタートアップにとってチャンスに溢れた市場になると感じています。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00009767-techcr-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

「世界のファンとムーブメントを作りたい」――初音ミクのネクストステージ


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






「世界のファンとムーブメントを作りたい」――初音ミクのネクストステージ


ITmedia ニュース 9月1日(土)13時11分配信











「世界のファンとムーブメントを作りたい」――初音ミクのネクストステージ
ミクの日感謝祭のYouTube動画には、英語など外国語のコメントがあふれている



●連載:初音ミク5周年



「サンクチュアリとしての初音ミク」 ミクと駆け抜けた5年、開発元・クリプトンに聞く



【写真:海外で広がる人気】



 初音ミクの人気は国内にとどまらない。アジアや北米、欧州など世界各国で人気が拡大。動画サイトや現地のファンによるイベントなどで、じわじわと人気が広がっている。開発元のクリプトン・フューチャー・メディアは、海外のファン活動をサポートしながら、日本発の創作文化を世界に広げようと挑む。



●海外のファンはいつの間にか増えていた



 「海外事業は『さあやるぞ!』という感じで始めたのではない」と、同社の伊藤博之社長は言う。YouTubeに投稿されたミク曲や、ライブ「ミクの日感謝祭」の映像などを通じ、人気がじわじわ広がっていったようだ。世界のiTunesやAmazon MP3に楽曲配信できる同社の独自レーベル「KARENT」の売り上げは半分が海外から。中国向けに販売したミクのCDがAmazonチャイナで売り上げ1位になったこともある。海外ファンも国内と同様、多くが10代の若い女性。2011年7月に米国ロサンゼルスで開いた初の海外ライブは、米国ファンからの要望に応えるかたちで実現したという。



 せっかくファンがいるのだから、海外でも“みんなで作る”ムーブメントを盛り上げられないか。同社は模索を始めている。昨年から、海外ファン向けサイトの運営を始めたほか、グローバルなSNSを利用してミク関連情報を発信。「ソーシャルメディアやCGMで生まれたコンテンツが増幅してクリエイターとファンが盛り上がり、結果として何らかのかたちでマネタイズできるようなサイクルを、海外でも実現できれば面白い」(伊藤社長)



●海外ファンとサポートしあえる関係に



 昨年7月、「Mikubook.com」というサイトを始めた。投稿サイト「ピアプロ」で公開されている人気イラストや、YouTubeのボカロ曲、Amazon.co.jpのボカロ商品などに英語タイトルを付け、Pinterestのようなユーザーインタフェースでまとめて見ることができる。各コンテンツで「FAVE」(お気に入り)をクリックすると傾向を学習し、似たコンテンツをレコメンドする機能を備え、日本のサイトからボカロコンテンツを探し出せない海外の人でも、多様なコンテンツに出会えるようになっている。開始から1年間あまりで、累計約130万以上のFAVEが付いた。



 初音ミクの公式Facebookページも2010年3月に開設。英語で運営している。「KARENT」の新譜情報や海外イベントの情報、海外で販売するグッズの情報などを配信している。ページへの「いいね!」数は60万以上に上り、1投稿あたり500~4000の「いいね!」と、数十から数百のコメントが付く。中国版Twitter「Sina Weibo」にも、最新情報を中国語でつぶやくミクアカウントを設置。10万以上のユーザーにフォローされている。



 Mikubook.comやソーシャルメディアをハブに同社は、ファンとの相互作用を生み出そうとしている。例えば、海外ユーザーから「ファンイベントをやりたい」と連絡を受けると、ミクの公式Facebookページでイベントを告知するとともに、Mikubook.comのURLが記された特製ミクステッカーを用意して主催者に送る。同社がFacebookを通じてイベントの集客を手伝う代わりに、ファンにはMikubook.comの宣伝をしてもらい、お互いに盛りあげようという試みだ。



 IDを付与したミクステッカーをイベントで配ってもらい、Mikubookサイト上でIDを登録すると、イベントに行ったことを証明するオンラインスタンプがもらえるなど、リアルとネットを連携させることも検討。「今後どうなるか分からないが、今できることは、ファンとサポートし合える関係にして、盛り上げること。ビジネスのアイデアは後で考える」(伊藤社長)



 「海外で、日本のコンテンツがあまりにも注目されていない」――仕事でひんぱんに海外出る伊藤社長には、そんな実感がある。政府が主導する「クールジャパン」政策に沿い、ミク海外進出の話が寄せられることもあるが、「クールジャパンでビジネスになっているところはないのでは」(伊藤社長)。海外で注目されていなかったり、すでにピークを過ぎたコンテンツを「海外で人気」とあおるような偽物のクールジャパンにはうんざりしている。「VOCALOIDやミクで同じ道をたどりたくない」からこそ、独自のやり方を模索。「単に初音ミクを広げていくだけでなく、ミクへのアテンションの先に、日本の製品や文化とつなげていけないか考えている」(伊藤社長)



●ミク英語版発売へ VOCALOID3版ミクは「お求めやすい価格」に



 現在、初音ミクの英語版を開発中だ。今の海外ファンはほとんどが聴き手だが、英語版を発売すれば、海外でも作り手が育っていくと期待する。日本のPが、自分の作った曲を英語に翻訳した英語版を作り、改めて海外に展開するといったこともできるようになる。「海外のクリエイターを育てることと、日本のクリエイターが海外展開しやすくする土台作りを、ちょっとずつやっている」(伊藤社長)



 日本語のVOCALOID3版初音ミクパッケージも、近く発売予定だ。「たくさんのデータベースや機能が1パッケージになり、すごくお求めやすい価格になっている」(佐々木さん)という。



 ミク英語版や新パッケージで作り手のすそ野を広げ、これまで曲を聴くだけ、動画を見るだけだった若い女の子などが気軽に曲を作って公開するような状況につなげたいという。「初音ミクを買って曲を作る行為が、気楽であってほしい」(佐々木さん)



●この5年で「やり尽くした」 次のステージへ



 ミクをリリースしてから5年。「できることは思いつく限りやってきた。ある意味、やり尽くしたところがあるかもしれない」と伊藤社長は話す。「ホップ、ステップ、ジャンプのホップは終わった。次の段階があるとしたら次のステージ、ステップだと思う。その段階に上がるともう少しできることが増えて、そこでいろんな創作が起こる可能性がある」(伊藤社長)



 1995年の創業以来ずっと、「クリエイターのためのクリエイター」であり続けた同社。ミク以前は、音楽や音響、映像のクリエイター向けに、効果音や音源ソフトなどを販売してきた。ミクがきっかけで、イラストや動画など、音以外のクリエイターと出会った。「当社と接点を持つクリエイターの範囲が広がり、やらなきゃいけないこと、できることが増えていった。(同人文化など)趣味の世界にはいまだにうといが、それを理解しながら答えを出していくのが、ライフワーク化している」



 クリエイターはプロに限らないし、音楽やイラスト、動画の創作者だけでもない。「才能のある一握りの天才だけじゃなくて、一般の人全員がクリエイター。自己表現や問題解決はすべて、クリエイトの仕事だと思う。そう定義すると、僕らがやれることはたくさんある」(伊藤社長)



 初音ミクの周囲には、自発的な学びが起きているという。ミクで曲を作ったり演奏するために作曲や作詞、演奏を学んだり、「踊ってみた」をやりたいと、みんなで集まってダンスを練習したり。「日本全体に停滞感があるが、自発的に工夫して作るとか、人に喜んでもらおうと努力した結果モノが売れるとか、ネットで起きていることには光が見えてきたと思う。ミクを通じて自発的な行動を促すことで、世の中を良くするような行いに共感が集まり、社会の問題解決ができるようになれば」(伊藤社長)



(続く)







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120901-00000007-zdn_n-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

「auスマートバリュー」はCATV事業者に何をもたらした?


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






「auスマートバリュー」はCATV事業者に何をもたらした?


nikkei TRENDYnet 9月5日(水)11時0分配信


















「auスマートバリュー」はCATV事業者に何をもたらした?
FTTHやCATVなどの固定通信回線と組み合わせて利用することで、スマートフォンの通信料が大幅に割り引かれる「auスマートバリュー」が開始4ヵ月で133万もの加入者を獲得した。今回は提携CATV事業者の1つのJCNにこのサービスがもたらした...




 FTTHやケーブルテレビ(CATV)などの固定通信回線と組み合わせて利用することで、スマートフォンの通信料が大幅に割り引かれる「auスマートバリュー」が、開始4カ月で133万もの加入者を獲得。好調に推移している。その裏には同サービスを提供するKDDIだけでなく、CATVを中心とする提携固定通信事業者の積極的な取り組みも大きく影響している。



【詳細画像または表】



 そこで今回は、提携CATV事業者の1つであるジャパンケーブルテレビネット(JCN)に、auスマートバリューに向けた取り組みと、このサービスがもたらした影響について聞いてみた。



JCNとCATV事業者を取り巻く環境とは



 まずはJCNについて簡単に説明しておこう。JCNはKDDIの連結子会社となるCATV事業者だ。地域CATV事業者をM&Aによって獲得することで規模を拡大してきた。現在は東京・神奈川・千葉・埼玉と、熊本でCATV事業を展開中だ。CATVの多チャンネル契約シェアでは、KDDIの関連会社であり、「J:COM」のブランドでCATV事業を展開するジュピターテレコムに次いで2番目のCATV大手事業者だ。



 JCNをはじめ多くのCATV事業者は、2011年までは好調に契約数を伸ばしてきた。これは地上波テレビ放送がアナログからデジタルに切り替わるに当たり、“地デジ”への移行をきっかけにCATVに加入する人が多かったためといえる。だがそのニーズも、地上波デジタル放送開始までに限られていた。そのため、デジタル放送に切り替わってしまった後は、JCNでも加入者獲得の伸びが停滞していたようだ。



 また、最近は、CATVのサービスとなる多チャンネル放送の競合が増えているという。特に「ひかりTV」をはじめとする、NTT東西などのFTTH回線をベースとしたIP放送がシェアを伸ばしてきており、従来は直接競合しなかった企業が、事業領域が徐々に重なることで競合となり、CATVに影響を与えるようになってきている。



 こうしたことからCATV事業者には、新たな加入者獲得施策が求められていた。そこにauスマートバリューが登場する形となったわけだ。



大幅な割引が反響を呼んだauスマートバリュー



 auスマートバリューは、auのスマートフォンと特定のパケット定額オプションやプラン、そしてauのFTTHサービス「auひかり」や、JCNをはじめ提携するCATV事業者の固定通信サービスを契約することで、auスマートフォンの毎月の通信料を2年間1480円、2年後も980円割り引くというサービスだ。KDDIの田中孝司社長が「ゲームチェンジ」と訴えていたように、携帯電話単独での競争ではなく、固定通信とのセットによる競争へと軸を変えるべく、導入された仕組みだ。



 auスマートバリューを展開する上では、当然ながら、固定回線を提供する事業者との協力が必要となる。しかし、CATV側にとって見れば、加入者獲得につながる大きなメリットがあることから協力も得やすかったようだ。中でもJCNはKDDIの子会社ということもあり、早い段階からKDDIと協力してauスマートバリューの取り組みを進めてきたという。



 auスマートバリューに対するユーザーからの反応も、かなり大きかったようだ。CATVで多チャンネル放送、インターネット接続、電話のトリプルサービスを契約すると、通常1万円近くの額にのぼることが多いが、ここにJCN単体で1000円以上の割引を提供するのは難しかったという。それだけに、auスマートバリューがもたらした割引の訴求力は大きいものだったといえる。



 その効果は、早い段階から加入者獲得にも大きく現れたそうだ。通常、2~3月の引っ越しシーズンは、CATVの加入が大きく伸びる時期でもある。だが今年は2月からauスマートバリューの受付が開始され、3月からサービス開始したことにより、その影響を大きく受けて加入獲得の伸びにつながったとのことだ。



各地域のauショップとの相乗効果も生み出す



 auスマートバリューがもたらした効果は他にもある。1つは、CATVとau、双方の販売網を活用することで、相互に集客効果をもたらしたことだ。



 JCNは対象地域において、契約者の自宅を直接訪れて販売やサポートをする強い営業網を持っている。これを活用してauスマートバリューを顧客に直接PRし、その地域のauショップに誘導する取り組みをしているという。



 一方、JCN地域内にあるauショップでも、auスマートバリューに加入するため、JCNの紹介をするなどの取り組みがなされるようになったという。従来であれば、auショップでは同じKDDIのFTTHサービス「auひかり」が案内されていた。だがそこにCATVの案内が加わるようになったことで、“競合“から“協業”に変わったのは大きな変化だったようだ。



 もう1つは、顧客層の拡大である。JCNの契約者は現在、40代以上が6割を占めており、50~60代の顧客層が厚いのだという。これはJCNが訪問による対面での営業を得意としており、元々集合住宅より戸建を中心に営業をかけていたためファミリーやシニア層を中心に加入者を獲得してきたこと。そして昼間自宅にいることが少ない単身者や若い世代は、訪問による営業が難しいことなどが影響しているようだ。



 だがauスマートバリューの影響によって、スマートフォンを積極的に利用する、20~30代といった若い世代の契約獲得にも結び付いているのだそうだ。逆に、auショップからすれば、JCNが得意とする年配層が送客されることにも結び付いており、ここでも相乗効果を上げているといえる。



CATVの地域性を活かしたプロモーション展開



 高い相乗効果をもたらしていることから、JCNではauスマートバリューの利用者獲得に向けたプロモーション施策にも積極的に取り組んでいる。



 先に触れた営業網の活用による直接的なプロモーションに加え、会員に向けた冊子でのプロモーションも実施。さらにはJCNが独自に提供するコミュニティチャンネルの番組内でauスマートバリューを紹介したり、その地域のauショップを紹介する番組を放映したりするなどして、アピールしているという。また、各地域のauショップ店頭で、JCNとauショップとの共同イベントを開催するなど、地域に根差したサービスを提供するCATVならではのプロモーションも実施しているそうだ。



 KDDIがauスマートバリューを大きくプロモーションする時期と合わせて、より広範囲でのプロモーションを実施するケースもあるようだ。例えば今春には、JCNとKDDI、そしてジュピターテレコムと共同で、JCNとJ:COM双方の対象エリアを通過する電車路線内で広告展開をしている。また最近でも、KDDIのプロモーションと合わせる形で、新聞の折り込みチラシを用いるなどして、対象エリアのユーザーに確実に響く形でのプロモーションを進めているという。



 より規模の大きなNTT系のFTTHサービスなどとの競争にさらされるなど、地域CATV事業者を取り巻く環境は厳しくなりつつある。そうした環境下で競争に勝ち抜く上で、auスマートバリューはCATV事業者の大きな武器となっており、高い支持を得ていることは確かなようだ。それだけに今後も提携CATV事業者は、auスマートバリューを積極的に打ち出した施策をしていくと考えられるし、同時にauの加入者獲得に向けた原動力にもつながっていくと見ることができよう。







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120905-00000007-trendy-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

“中食のザッポス”を狙うお弁当宅配「ごちクル」って何?


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






“中食のザッポス”を狙うお弁当宅配「ごちクル」って何?


ねとらぼ 9月6日(木)9時15分配信











“中食のザッポス”を狙うお弁当宅配「ごちクル」って何?
ごちクル



 昨年、飲食業界に「ごちクル」というサービスが生まれた。このサービス、とても好調で拡大を続けているのだが、知らない人も多いだろう。一般の人ではなく、企業をメインに相手にするビジネスだからだ。



●競合がいない、これまでなかったサービス



 ごちクルは、これまでの飲食業界にはなかったサービスを提供している。それが飲食店の「中食」立ち上げ支援だ。飲食業界には、飲食サービスを提供する3つの形式がある。「外食」「内食」「中食」だ。



 「外食」は言わずもがな、飲食店でイートインする形式。「内食」はスーパーなどで食材を買い、自宅で調理する形式。自炊する人も増えているので、もしかしたら聞いたことがあるかもしれない。そしてあまり聞き慣れない「中食」だ。



 「中食」とは、自宅の外で作られた食事を自宅で食べる形式のこと。ピザの宅配サービスを思い出してほしい。ピザ屋ですでに作られたピザが自宅に届く、これが「中食」だ。持ち帰りの惣菜やお弁当もそうだ。中食のデリバリーを提供したいという飲食店を支援するのがごちクルだ。



 「え、何が新しいの?」と思った人もいるかもしれない。ごちクルは「中食向けの商品開発」から「集客」「注文受け付け」「宅配」「顧客サポート」まで、「調理する」こと以外すべてを飲食店に提供しているのだ。顧客は、さまざまな飲食店が載ったごちクルのサイトやカタログを見てお弁当やケータリングを注文し、飲食店が食事を作り、ごちクルがそれを配達する、という形になっている。これに対して一般的なWebの出前サービスはそれぞれのお店が受注から配送まで、全てを自前で行わなければならない。



 すでに中食を提供しているピザ屋のように、飲食店が自前でその体制を作るとなるとそれは大変。バイクやそれを停めておくための駐車場、顧客サポートの人員を確保しなければならない。「中食に参入すれば、副収入が見込める」(ごちクル運営元スターフェスティバルの岸田祐介社長)。と分かっていても、初期コストから実施に踏みきれない飲食店は多いそうだ。ごちクルはその部分をカバーする。



 ごちクルは企業をメインに配達している。テレビ番組のロケ弁や社内パーティーなど、多くのスタッフが集まるシーンでよく活用されており、また少しぜいたくな食事を食べたいという時にも利用されている。



●有名店のお弁当も



 取材ではごちクルで人気の商品を紹介してもらった。



 南青山惣助の「惣助弁当【蓮(はす)】」(3200円)。9升のお弁当箱に野菜を中心にヘルシーなおかずを詰めた、2段重のお弁当。合成保存料、着色剤を使わず作っている。



 叙々苑游玄亭の「特選和牛カルビ弁当」(6000円)。最上級の霜降り和牛カルビを使用した贅沢な焼肉弁当。「高額のお弁当も売れています」(岸田さん)



 利久の「温まる! 牛たん『極』幕の内弁当」(2750円)。通常の牛たんより柔らかく、さらに厚くスライスし味付けしたワンランク上の「極たん」を使用。牛たんづくしの副菜や仙台名物の笹かまぼこなどを盛り付けた、利久ならではのお弁当。熱々を食べられる加熱容器仕様だ。



 筆者もお昼ごはんに仙台の有名店「利久」の「牛たん「極」幕の内弁当」をいただいた。肉厚な牛タンはほのかに甘く、しかしたんの味はしっかりと。かつ、一切れ一切れ食べ応えは十分だ。オリジナルの味噌をタンにすこし載せてあわせて食べると、本当に白米がよく進む。お肉をがっつりいただきたい男性も、ボリューム満点で満足できるだろう。



 筆者はこれが「利久」初体験だった。「そうか、東京、しかも会社のオフィスでこれを食べられるのもごちクルあればこそだよな」と食べながら思ったものだった。



●ザッポスのような顧客サービス



 ごちクルのカタログには有名店がそろっているが、提携する飲食店に対して同サービスがこだわっているポイントは、顧客がどれぐらいの分量を注文したらいいか判断できるように「1人あたりの食べる分量を明確に表示すること」。ケータリングでは、Webサイトやパンフレットに「1皿に約30カット程度。概ね20~30名様分」と記載するなど、電話やネットだけでも安心して注文できるような工夫がなされている。



 また、メニュー以外にも「○○円ぐらいの予算でおすすめの弁当ありますか?」「お肉を食べられない人がいるので、1つだけ野菜メインに変えてもらえますか?」など、顧客からの相談も細かくサポートすることを重視している。岸田さんの口からも「あのザッポス(手厚い顧客サービスで知られる靴のネット通販サービス)のように」という声が出るほど、顧客サービスにはこだわっている。そのような工夫もあって、顧客からの反応は「普段食べられないお店のごはんを届けてもらえるのは嬉しい」「ここまで持って来てもらえるとは思えなかった」と上々だ。



 岸田さんは、出前・宅配サービスの楽天デリバリーの立ち上げに参加したあと、プロ野球チーム楽天イーグルスの創業にも参加した異色の経歴の持ち主。お客さんに何かを提供して喜んでもらう商売が大好きだという。先日、グロービス・キャピタル・パートナーズとグリーベンチャーズを引受先とする総額2億5000万円の第三者割当増資を実施したというニュースもあったが、今後はますます、中食に飲食店が参加していくための土台になる会社を目指し、飲食業界に革命を起こしたい、と言う。



 現在は、関東、関西、中部、九州の一部にお弁当を配達している。最低お届け金額は1万円から(エリアによって異なる)。会社での会合などに試してみてはいかがだろうか。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-00000006-it_nlab-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

NTTメディアサプライ、店舗向けWi-Fiサービス「DoSPOT」提供開始


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






NTTメディアサプライ、店舗向けWi-Fiサービス「DoSPOT」提供開始


RBB TODAY 9月14日(金)11時29分配信













NTTメディアサプライ、店舗向けWi-Fiサービス「DoSPOT」提供開始

拡大写真
「DoSPOT」ロゴ



 NTTメディアサプライは13日、チェーン店舗や個人商店等を対象として、店舗内にWi-Fi(無線LAN)アクセスポイント(ASP)を設置しネット利用環境を提供できる、店舗向けWi-Fiサービス「DoSPOT」を発表した。9月20日より提供を開始する。



【画像、表】DoSPOTのサービス提供イメージ、提供条件など



 「DoSPOT」は、無料Wi-Fiインターネットとして、Wi-Fi対応端末持っていれば、1回最大10分(1日2回まで)無料でWi-Fiインターネットを利用できる。また店舗等オーナーは、時間制限なくWi-Fiインターネットを利用できる。さらに、店舗等への集客を促進するため、来訪者がワンタッチで店舗等のホームページへアクセスできる機能を提供。この機能により、ホームページ上のクーポン等の利用促進が期待できる。利用時のSSIDは「DoSPOT-FREE」となる。無線規格ではIEEE802.11a/b/g/nに対応する。



 利用には、NTT西日本が提供するフレッツアクセスサービスを利用していることが必要。料金は初期費用が無料で、AP利用料+ISP利用料が月1365円、またはAP利用料のみで525円。



 またNTT西日本が提供する公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット(Web認証方式)」においても、同日より、NTTメディアサプライのDoSPOTのローミングを開始する。これにより、フレッツ・スポットユーザーは、従来のAPに加えDoSPOTのAPからもインターネット接続が可能となる。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120914-00000014-rbb-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

ジャストシステム、ソーシャル連携のアクセス解析「コックピット」無償提供


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






ジャストシステム、ソーシャル連携のアクセス解析「コックピット」無償提供


RBB TODAY 10月5日(金)12時27分配信













ジャストシステム、ソーシャル連携のアクセス解析「コックピット」無償提供

拡大写真
「コックピット」紹介ページ



 ジャストシステムは5日、TwitterやFacebook、WordPressと連携して、ホームページのアクセス増を支援する、新しいSNS連携ホームページ集客サービス「コックピット」を発表した。同日より利用の申し込み受付を開始し、11月29日よりサービスの無償提供を開始する。



【画像】Twitterクライアント、アクセス解析、日報メールの各画面



 「コックピット」は、ホームページの運営状況をひと目で把握でき、集客施策としてTwitterへのツイート、Facebookへの投稿が簡単に行え、その効果測定や、結果をもとにより多くのアクセス数を得るための施策を具体的に提案するWebサービス。Twitterの基本的なクライアント機能を備えるとともに、1時間ごとに集計して、ページビュー数やTwitterでの告知によるアクセス数の増加をグラフ表示することが可能。ツイートの一覧表示やマルチアカウント管理、フォロワーやリツイート数増減のグラフ表示といった機能が用意されている。



 グラフとTwitterのタイムラインは連動しており、グラフで変化が発生した箇所をクリックすると、その時点で行った告知施策と、ユーザーからの反応を確認できる。アクセス数が急増したなど変化が生じたときは速報メールで通知するほか、スマートフォンからも利用にも対応する。



 毎朝、ホームページへのアクセス数やTwitter、Facebookでの反応状況など、前日の実績値をまとめた日報メールを送信することに加え、「コックピット」が状況を分析し、優良顧客となりそうなSNSユーザーの紹介、施策を行うのに効果的なタイミングや告知内容について提案も、今後行う予定。



 サービス開始以降も、速報メール、スマートフォン対応、Facebookクライアントなどの機能を今後順次提供する計画だ。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121005-00000024-rbb-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

ジャスト、TwitterやFacebookなどSNSと連携したウェブ集客サービス「コックピット」


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






ジャスト、TwitterやFacebookなどSNSと連携したウェブ集客サービス「コックピット」


CNET Japan 10月5日(金)19時57分配信







 ジャストシステムは10月5日、TwitterやFacebook、WordPressと連携したウェブサイト集客サービス「コックピット」を11月29日より無償提供すると発表した。



 コックピットは、集客施策としてSNSへの投稿が簡単に行えるほか、ウェブサイトの運営状況把握および集客の効果測定、その結果からより多くのアクセス数を得られる具体的な施策提案が含まれたウェブサービスだ。「集客施策の実行」「効果測定」「次の施策の立案・実行」というサイクルを円滑に進め、集客施策の継続的な実施を支援するという。



 具体的な機能としては、Twitterへのツイート、Facebookへの投稿など集客のための施策が簡単に行えるクライアント機能を搭載。Twitterはマルチアカウントの管理、Facebookは通常のアカウントとFacebookページアカウントの管理が可能で、TwitterへのツイートやFacebookへの投稿を一括して行うこともできる。



 集客結果は1時間ごとに集計し、ページビュー数やTwitterとFacebookでの告知によるアクセス数の増加をグラフで表示。グラフとTwitter、Facebookのタイムラインは連動しており、グラフで変化が発生したカ所をクリックすると、その時点で行った告知施策と、ユーザーからの反応を確認できる。また、アクセス数の急増など変化が生じた際に通知する速報メールを備えるほか、スマートフォンからの利用も可能だ。



 そのほか、前日の実績値をまとめた日報メールの送信、状況分析に基づく優良顧客となりそうなSNSユーザーの紹介、施策を行うのに効果的なタイミングや告知内容の提案、類似サイトで有効だった施策の事例紹介も行ってくれる。



 各機能の提供スケジュールは、Twitterクライアント、アクセス解析、日報メールとアドバイス、WordPress自動投稿が11月より提供開始。サービス開始以降は、速報メールやスマートフォン対応、Facebookクライアントなど順次機能を拡張していくという。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121005-35022732-cnetj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

ジャスト、SNS連携アクセス解析サービス「コックピット」を無償提供


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






ジャスト、SNS連携アクセス解析サービス「コックピット」を無償提供


Impress Watch 10月5日(金)13時0分配信











ジャスト、SNS連携アクセス解析サービス「コックピット」を無償提供
写真:Impress Watch



 株式会社ジャストシステムは、TwitterやFacebookと連携してホームページへの集客を支援するウェブサービス「コックピット」を11月29日に開始する。利用は無料。5日には利用の申込受付を開始した。



 ホームページの運営状況をひと目で把握でき、集客施策としてTwitterやFacebookへの投稿が行える。Twitterはマルチアカウントの管理、Facebookは通常アカウントとFacebookページのアカウントを管理できる。なお、Facebookへの対応はサービス開始以降となる。



 管理画面では1時間ごとのページビュー数、TwitterとFacebookでの告知によるアクセス数をグラフ表示。グラフで変化が発生した箇所をクリックすると、その時点の告知とユーザーの反応を確認できる。



● アクセス増施策を提案、優良顧客になりそうなSNSユーザーを紹介



 アクセス増に効果的な提案を行う機能も搭載。具体的には、ホームページのアクセス数やTwitterとFacebookでの反応など、前日の実績値をまとめた「日報メール」を毎朝送信する。



 さらに、自社ホームページに関心を持ってくれそうなTwitterユーザーの選定、フォロワーが活動している時間帯と効果的なツイートのタイミング、類似サイトが行って有効だった施策の事例なども紹介する。



 このほか、WordPressを使ってホームページ上に記事を公開したときに、あらかじめ設定した形式で更新のお知らせをTwitterに自動投稿する機能も提供する。



 ジャストシステムによれば、コックピットを無償で提供する背景には、同社が提供するホームページ作成ソフト「ホームページ・ビルダー」ユーザーの大半を占める中小企業や個人事業主からの声がある。



 ユーザーの中には、ホームページ運営状況の把握や集客方法がわからないという声が寄せられており、コックピットではそうした問題を解決するために、アクセス解析やウェブマーケティングの知識が無くても、運営状況を把握したり集客施策を行えるという。



 コックピットはホームページ・ビルダーのユーザー以外でも無償で利用できる。サービス開始後は、アクセス数が急増した際にはメールで通知する機能や、スマートフォン対応などを図るとともに、ホームページ・ビルダーと連携する機能も提供を検討していく。





【INTERNET Watch,増田 覚】







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121005-00000028-impress-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

アップルとの決別以後を語る フィナンシャルタイムズ HTML5 アプリ戦略の現在とこれから --- 藤村 厚夫 - アゴラ編集部


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






アップルとの決別以後を語る フィナンシャルタイムズ HTML5 アプリ戦略の現在とこれから --- 藤村 厚夫 - アゴラ編集部


アゴラ 10月4日(木)13時48分配信




















写真を拡大
写真を拡大


アップルとの決別以後を語る フィナンシャルタイムズ HTML5 アプリ戦略の現在とこれから --- 藤村 厚夫 - アゴラ編集部



写真を縮小
写真を縮小


アップルとの決別以後を語る フィナンシャルタイムズ HTML5 アプリ戦略の現在とこれから --- 藤村 厚夫 - アゴラ編集部

アップルとの決別以後を語る フィナンシャルタイムズ HTML5 アプリ戦略の現在とこれから --- 藤村 厚夫




ネイティブアプリを向こうに回して、HTML5アプリ路線を推し進める Financial Times。

本稿では、そのHTML5アプリをめぐる戦略の現実と、将来に向けたモバイル戦略を紹介する。



昨年(2011年)夏、Apple が決めたアプリ内課金収入をめぐる規約の厳格化に反発し、英国の経済紙 Financial Times(FT)が Apple の運営する「App Store」でのアプリ配布取り止めたことは、よく知られた事実です。

FT は、App Store からの撤退に合わせて、HTML5 を用いた Web アプリをリリースし、従来のアプリユーザーに対しそちらへの移行を促したのです(その経緯については → こちら を参照)。



以後、OS やデバイスを特定したアプリ(これをネイティブアプリと呼びます)開発を今後も促進すべきか、あるいは、FT が選択したように、プラットフォームの差異に影響を受けにくい、(Web ブラウザから利用する)Web アプリを開発していくかべきかという、“ネイティブ vs. Web”議論がいまに至るまで続くことになります。





Financial Times の HTML5 アプリ 左)ブラウザからアクセスすると、アプリへ誘導される 中)アプリへアクセス中 右)ブラウザ内でアプリが起動した





この議論には、HTML5 の成熟度をめぐる純粋に技術的な論議もさることながら、OS やデバイスをつかさどるベンダーと開発者との間のビジネス面での利害得失に絡む側面もあり、複雑な様相を見せています。



本稿では、昨夏、反 App Store 戦略を打ち出し一躍注目の的となった FT アプリの現状と、そのビジネス戦略、そして HTML5 アプリの将来性などについて、FT 電子版責任者への最新インタビューの紹介を中心にして整理をしていきます。

紹介するのは、TabTimes 掲載「The Financial Times marches to a different app drummer; embraces HTML5, Android, Windows 8」(フィナンシャルタイムズは、アプリで他と違う道を行く HTML5・Androdi・Windows 8 を強く支持) です。語るのは、注目を浴びてすっかり有名となった FT 電子版の総責任者 Rob Grimshaw 氏です。



記事は、FT 電子版の有料購読者が、この7月にはじめて印刷版のそれを上回ったとします。さらに、電子版が5月に200万ユーザー、9月には300万に達するなど順調に成長しているとしています。この数字には、ユーザー登録制の無償閲覧者を含んでいます。ちなみにこちらの 記事 では、昨年8月段階で FT のネイティブアプリユーザーは「55万」であったとしています。



さらに、電子版の新規購読者の15%がモバイルユーザー(スマートフォンおよびタブレット)であり、そのモバイルユーザーからのアクセスが、すでに Web サイト全体の1/4に達しているとのことです。



この順調な成長を受け、「HTML5 アプリは、ネイティブアプリとの闘いで勝利に近づいている」と Grimshaw 氏は胸を張る一方、アプリ開発者の興味深い動向を以下のように語ります。



“開発者は、ハイブリッド型アプリの開発を増やしています。

ハイブリッド型アプリとは、ほとんどのコードを HTML5 で書きつつ、ストアで配布するために、あるいは、ネイティブアプリならではの機能を追加するために、軽いネイティブ(アプリとしての)ラッパーで HTML5 のコアコードをパッケージしたものです。”



ここで語られる(HTML5 アプリをくるんで、ネイティブアプリに見せる)「ネイティブラッパー」とはどんなものでしょうか?

Publickey の記事「HTML5 のモバイルアプリを“ネイティブアプリ化”する『PhoneGap』が正式版に。オンラインでの変換サービスも発表」が参考になります。



“jQuery Mobile のようなマルチデバイスに対応したモバイルアプリケーション用フレームワークと組み合わせると、HTML や JavaScript などの Web 標準の技術で容易にマルチデバイス向けアプリケーションを開発し、それをさまざまなデバイスに対応したネイティブアプリケーションへと変換可能になります。



ネイティブ化したアプリケーションは、当然ながら AppStore や Android Market(引用者注=現在はGoogle play と改称)などで販売可能です。



ただし PhoneGap のネイティブアプリケーション化は、ネイティブコードへとコンパイルするのではなく、Web アプリケーションをラップして実現する方式なので、アプリケーションの実行速度はそのままです。”



「PhoneGap」というフレームワークに関する記述ですが、Grimshaw 氏が語るネイティブラッパーは、おおむねこのようなもののはずです。

開発者(アプリ提供者)にとり、ネイティブラッパーがもたらすメリット・デメリットは、次のようなものです。



・アプリのコアとなる部分を、HTML5 によって OS やデバイスに依存しない実装を行うため、開発済みアプリを他のプラットフォームへと移植する際の変更を軽減できる



・Web 標準である HTML5 中心の開発ながら、ネイティブアプリの姿を持つため、App Store 等で配布、販売が可能



・OS 固有の API 等を用いない分、アプリの実効速度などでネイティブアプリに劣る。同じ理由で、OS が固有に提供する機能や UI などを利用できないケースがある



ここにアプリビジネスの展開という面で面白いことに気づきます。



冒頭述べたように、FT はApple によるアプリ販売面での規約厳格化と衝突し App Store とたもとを分かったのですが、ネイティブラッパーでパッケージする手法とは、むしろ Web 標準で開発したアプリをネイティブ化することでストア経由で配布するための手立てであるのです。



技術における原理主義的論争のように伝えられがちな“ネイティブ vs. Web”議論ですが、実はストア(App Store や Google playなど)を司るプラットフォーマーとアプリ開発者との間の虚実ある駆け引きの面が強いことがわかります。



記事に戻りましょう。Grimshaw 氏はこう語ります。



“アプリの販売環境(ストア)は、アプリ提供者にとって重要な課題です。読者との関係を築こうと思っている(FT のような)プレーヤにとってはなおさらです。

私たちは、いかなるストアとも取引するのに支障はありませんが、もし、読者との直接の関係を築けないなら、そこにはいられません。(読者との直接的な関係性は)高価な広告販売や購読制を維持するための死活問題なのです。



Apple は、頑固で実利主義的です。彼らは30%(手数料を)徴収できると思えば取るでしょう。アプリ提供者の使命は、資産は自らが築くべきだということです。多くのメディア企業は、その素晴しいコンテンツによりブランドや資産を築き上げきたのですから、自らの存在を人に伝えるためだけに Apple や Androidのストアにいなければならない必要はないと思います。もし、ストアの規約が自らに適さないのであれば、自信を持ってそう振る舞うべきなのです。”



同氏が語るのは、プラットフォーマーとの付き合いはケースバイケースだということです。



それを裏づけるように、記事は、FT がメジャーのメディアとしては初めて Windows Store でアプリを配布を始めた存在であること、また、Google play でもネイティブアプリを配布している事実をあげます。



その理由を、同氏は両ストアとの関係が極めて良好、言い換えれば好取引条件(ユーザーのデータを保持できること、アプリ内課金への非チャージ)であることを明瞭に認めているのです。



つまり、FT が推進する HTML5 アプリ化戦略は、多プラットフォームへの適合という観点での開発生産性を高めるメリットと、ストアとのタフな条件交渉を優位に進める手法でもあることがわかります。



ストアの集客力等を活かしてネイティブアプリをマーケティングするのも、あるいは、ストアとの条件交渉が決裂すれば、独自のマーケティングを行うことも可能という、意思決定の自在さを担保する後ろ盾だという意義が見えてきます。



FT の HTML5 アプリ戦略は、ストアから単に遠ざかるための施策ではなく、ストアでの販売、ストア外での展開のいずれをも柔軟に採用できるためのものなのです。



最後に、FT 電子版が見ている近い将来のニュースメディア市場について確認しておきます。



”今のところ、私たちのメディアではモバイルと PC からのアクセスは継続的に伸びています。読者はかつてはあり得なかったような状況からモバイルでアクセスしてきます。また、デバイスを取っ替え引っ替えしながら、1日中 アクセスしてきます。

しかし、この状況は変化します。1年か2年の間に、モバイルからのアクセスがメインとなるでしょう。中国やブラジルを見てください。人々は最初からモバイル経由でインターネットにアクセスしているのです。モバイルは、短期間で PC からのアクセスを“絶滅種”へと追い込んでしまうでしょう。”



Financial Times 電子版の戦略の現在と未来が確認できたと思います。FT はまず印刷版購読者を電子版のそれが追い抜くことを肯定しています。



また、PC からのアクセスのための Web メディアを維持しつつ、モバイルデバイスからのアクセスがあれば、それを HTML5 ベースの Web アプリへと誘導し、着々とモバイルユーザーを獲得しているのです。



いずれ、モバイルからのユーザー層が同社の主要な読者層になると分かっているからです。ニュースメディアの未来を見すえたその動向を、今後も見守っていかなければなりません。



編集部より:この記事は「BLOG ON DIGITAL MEDIA」2012年10月2日のブログより転載させていただきました。快く転載を許可してくださった藤村厚夫氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はBLOG ON DIGITAL MEDIAをご覧ください。



(アゴラ編集部)







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121004-00000303-agora-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

コマースリンク「DFO」、「カスタム・リターゲティング」と連携開始


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






コマースリンク「DFO」、「カスタム・リターゲティング」と連携開始


MarkeZine 9月14日(金)14時30分配信







 コマースリンクのデータフィードサービス「DFO」とマイクロアドプラスが販売する、Vizury社の「カスタム・リターゲティング」との連携を開始した。



 「DFO」とは、リターゲティング広告をはじめ、外部の集客チャネルを利用するために必要となる商品データの作成及び登録を代行するサービス。この提携により、ECサイトは、商品データの更新や同期作業をすることなく「カスタム・リターゲティング」を利用できる。



 インドを拠点とするVizury社は、APAC諸国で広告プラットフォームを展開。同社の「カスタム・リターゲティング」は、リターゲティング対象ユーザーに対し、サイト内での行動履歴に基づいて、最適な商品を広告表示を行い、レコメンドすることで購買を促進する。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120914-00000001-sh_mar-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

Googleオンラインチラシを提供開始 - 閲覧ユーザーにマッチした商品を表示


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






Googleオンラインチラシを提供開始 - 閲覧ユーザーにマッチした商品を表示


マイナビニュース 9月19日(水)11時10分配信













Googleオンラインチラシを提供開始 - 閲覧ユーザーにマッチした商品を表示

拡大写真
(写真:マイナビニュース)



Googleはこのほど、新しい広告フォーマットとなる「Googleオンラインチラシ」の提供を開始した。すでにイオンなど一部の小売業者が試験的に導入している。



Googleオンラインチラシは、折込チラシとオンライン広告の長所を組み合わせた広告フォーマット。オンラインで情報を探しやすくして、実店舗への集客を促進することを目的としている。



現在の典型的な「オンラインチラシ」は、紙のチラシをPDF化してWebサイトに掲載する形になっているが、これには「情報を閲覧しにくい」「同じ内容のチラシしか配布できない」「掲載できる商品情報が限られてしまう」といった欠点があるという。今回提供が開始された同社のサービスは、これらの欠点を解消したものになっている。



Googleオンラインチラシは、PC、タブレット、スマートフォンなどのデバイスに応じて最適化されたデザインで表示され、広告主のブランドにあわせたデザインのカスタマイズも可能。また、チラシに掲載する商品構成は、ユーザーの位置情報や検索キーワードなどに基づいて、ユーザーごとにパーソナライズされる。ユーザーの位置情報に応じて一番近くの実店舗のチラシが表示され、店舗ごとに掲載商品を変えることもできる。



このほか、チラシ内での商品検索やカテゴリ別の閲覧にも対応している。気になる商品を見つけたらショッピングリストに保存しておき、外出先でリストを確認して買い物をする、といった使い方もできる。



チラシはGoogleのWebページや広告主のWebサイトから配信でき、掲載する商品情報は「Google Merchant Center」で管理できる。なお、Googleオンラインチラシへの顧客誘導は同社の検索連動型広告かディスプレイネットワークを利用することになる。



(Sherpa)



[マイナビニュース]







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120919-00000018-mycomj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

「リアル脱出ゲーム」仕掛人に学ぶ、“ヤバい”ゲームの作り方(後編)


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






「リアル脱出ゲーム」仕掛人に学ぶ、“ヤバい”ゲームの作り方(後編)


japan.internet.com 9月20日(木)6時2分配信











「リアル脱出ゲーム」仕掛人に学ぶ、“ヤバい”ゲームの作り方(後編)
「リアル脱出ゲーム」仕掛人に学ぶ、“ヤバい”ゲームの作り方(後編)



「リアル脱出ゲーム」の仕掛け人として注目を集める、SCRAP 代表 加藤隆生さん。インタビュー前編に続く今回は、ゲーム制作における具体的な方法論とこれからのゲームが担う役割について、考えを伺った。



【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



■「おもしろい」よりも「おもしろそう」のほうがエライ



―今、世の中あらゆるところでゲームがあふれていますが、その全てがやってみたいと思えるものではないですよね。その差はどこにあるのでしょうか?



「おもしろいかどうか」以前に、「おもしろそうかどうか」だと思います。僕らはこれを明確に意識していて、「“おもしろい”より“おもしろそう”のほうがエライ」、これを会社の合言葉にしているくらいです。



僕らが「リアル脱出ゲーム」を企画するときは、まずタイトルとキャッチとビジュアルを決めて、そこから逆算してゲームの中身を考えます。おもしろいゲームができたから「よしこれでいこう!」なんてことは絶対にしないですね。「どうすればおもしろくなるか」ではなく、「どうすれば“おもしろそう”と思ってもらえるか」から考える。映画「宇宙兄弟」とタイアップした『月面基地からの脱出』なんて、7か月前から告知して、ゲームの内容が固まったのは開催日の3日前ですよ(笑)。



誤解を恐れずにいうと、おもしろそうなタイトルが付けば、あとは誰がつくってもおもしろくなります。良いタイトルが出ると、そこから連想されるゲーム設定、ミッションをクリアした時の感情まで、作り手側で一気に想像できますから。そういう意味では、手前味噌ですが「リアル脱出ゲーム」というネーミング自体にも、人を惹きつけるパワーがあるんじゃないかと思っています。



僕らの場合は体験型イベントだから特にそうなんですけど、チケットが売れないと利益が出ません。だから、どんなにゲームそのものがおもしろかったとしても、動員できなければ意味がないんですよ。で、動員できるかどうかはもうタイトル・キャッチ・ビジュアルだけで決まるんです。先ほどお話した『月面基地からの脱出』もそうですし、1万人以上動員した『廃病院からの脱出』『夜の遊園地からの脱出』、これらもすべてタイトルとビジュアルイメージから決まっています。



といっても、全部うまくいってるわけではないですけどね。例えば『終わらない合戦からの脱出』っていうのは、ちょっと失敗だったかな。情報量が多すぎました。キャッチも「4番ファースト・織田信長」って、意味分かんないでしょ(笑)。もちろん考えたときには「イケる!」と思ってたんですけどね。神宮球場を貸しきってやったんですけど、思ったような集客はできませんでした。



ゲームでもそうですけど、おもしろいモノはどこにでも転がっています。無数の敵がひしめきあうなかでパッと目について「おもしろそう」と感じてもらう。こういった直感が命運を分けているのだと思います。この直感ってだいたい当たるんです。例えば料理だって、パッとみて「おいしそう」だと思ったものって、大抵おいしいですし。

■「シンプルなもの、わかりやすいもの」が持つ爆発力



―多くの人におもしろいと思ってもらえるゲームって、どういうものなんでしょう?



うーん、そうですね…「シンプルで、わかりやすい」ということに尽きるのかもしれません。たとえば、任天堂の『スーパーマリオブラザーズ』は“徹底して右に進むゲーム”なんです。一番はじめにマリオが画面の左に立っていますよね。その時点で「左ではなくて右にいくんだな」と直感的にわかる。そこからひたすら右に進む。キノコも右に流れていくし、ボスのクッパだって画面右に置かれたスイッチで倒す。普通だったら踏みつけたり、パンチしたり、ボス戦くらいやりたいじゃないですか。でも右に進む(笑)。こんなにシンプルでわかりやすいゲームって他にないですよね。奇跡的なゲームデザインになっている。だからこそ、国境も性別も年代も超えてみんなが夢中になったんだと思います。



「リアル脱出ゲーム」でも、例えば『月面基地からの脱出』だったら、「なんで閉じ込められてるの?」「何で1時間で脱出しなくちゃいけないの?」っていうところに対して、「宇宙飛行士が、月面基地から酸素がなくなる1時間以内に脱出しなくちゃいけない」って、ものすごく分かりやすいですよね。難しい説明をしなくても、お客さんに「自分が何をするのか」明確に感じ取ってもらえるんです。お客さんを楽しませる上で、その「分かりやすさ」はものすごく重要なポイントだと思います。



そういった意味でいうと、キャンペーンなどのゲームでオープニングムービーが何分も流れたりするものがありますが、あれは絶対に止めたほうがいいですよね。ゲーム開始からおもしろくなるまでのスピードは、1秒でも早いほうがいいですから。



―とはいえ、「シンプルで、わかりやすいゲーム」を作り出すのはむずかしいですよね?



1秒でも早くプレイヤーの感情を動かす、ここはカギになるのかもしれません。そのためには考えさせないことが大切。方法はいろいろあると思いますが、既に多くの人が持ち合わせている「知識」を使うのは手だと思います。たとえば「言葉」や「数字」を使ったゲームはとっつきやすい。野球ゲームもみんながだいたいルールを知っているから、わかりやすくて、多くの人が楽しめるのだと思います。



もうひとつ、シンプルでわかりやすいモノって、あとからみると「なんでこんな簡単なことが思いつかなかったんだろう」と思えるものばかりです。もしかしたら、すでにあるモノを変換し、シンプルに置き直すことが一つのやり方なのかもしれません。固定観念を捨てて、視点をズラしてみる。別の角度から見直すことが大事なんだと思います。



想像もできなかったような新しいモノって驚きはあるかもしれませんが、ワクワクにはならないんですよね。ありそうでなかったモノ、知っていたけど見方を変えたモノのほうがワクワクできる。この前『タモリ倶楽部』の空耳アワーを見ていたんですけど、ビートルズの名曲で空耳があって(笑)。何千万人の日本人が何十回も聞いてきた曲なのに、こんな空耳があったのか!?すげぇ!と思ったんですよ。この感じに近いかもしれません。

■ゲームには、それ単体で世界をハッピーにする力がある



―最近、ゲーミフィケーションという考え方が広まっていますよね。今後、ゲームが担う役割はどう変わっていくとお考えですか?



個人的には、ゲーミフィケーションという言葉にはあまりピンときていないというのが正直なところです。すばらしい映画や小説と同じでゲームは「楽しむこと」が目的だし、その先に目的がなくても自然とやりたくなるもの。ゲームはあくまで、エンターテインメントだと思っています。



僕らのイベントでも警備員さんが「走らないでください!」と言っているのにも関わらず、たまらず走り出してしまう人がいたりするんですね。楽しいゲームをしている時って、その中に入り込んでしまう。理性を超えて、とにかくワクワクが止まらなくなる。こういうゲームでしか得られない体験を大切にしたいと思っています。



だからゲームの手法を取り入れて街をきれいにするとかビジネスをまわすとか、もちろん有効な部分もあるかもしれないけど、自分はそこまでデザインしたくないんです。というか、する必要はないと思っています。もっとゲームそのものに期待してもいいのかな、と。



楽しいゲームをやった後に、前向きな気持ちになることってありますよね?仕事をがんばろうとか、勉強をしようとか、部屋を掃除しようとか。極端に言えば、ゲームはゲームそのものの力だけで、世の中をハッピーにすることができると思うんです。この思いが、僕にとってゲームをつくるモチベーションになっているんだと思います。



僕自身は、とりあえず飽きられるまでは「リアル脱出ゲーム」をやり続けていくつもりです。いま考えているのは、例えば子ども向けの企画。僕らが子どもの頃にやっていた「ケイドロ」ってあるじゃないですか。ある瞬間、ものすごく盛り上がった時の爆発的なおもしろさがありますよね。あの興奮をいまの子どもたちが知らないかもしれないと思うと、もったいない気がしていて。あとは海外にもどんどん打って出たい。自分のアイデアがどこまで届くのか試してみたいですね。



■「リアル脱出ゲーム」仕掛人に学ぶ、“ヤバい”ゲームの作り方(前編)

http://japan.internet.com/busnews/20120918/4.html



記事提供:CAREER HACK







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000001-inet-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

オプト、製品情報をもとにしたSNS「Sumally」の運営会社と業務提携


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






オプト、製品情報をもとにしたSNS「Sumally」の運営会社と業務提携


マイナビニュース 9月20日(木)10時10分配信













オプト、製品情報をもとにしたSNS「Sumally」の運営会社と業務提携

拡大写真
(写真:マイナビニュース)



オプトは9月19日、O2O(オンライン トゥ オフライン)市場への本格参入の一環として、"モノの百科事典"をコンセプトにしたソーシャルサービス「Sumally」を開発・運営するサマリーの第三者割当増資を引き受け、資本業務提携を締結したことを発表した。



Sumallyは、さまざまな製品の情報と、それに対するユーザーの興味・関心を核にしたSNS。気になる製品の情報を通じてほかのユーザーと交流することで、今まで知らなかったモノを発見したり、自分とセンスの近い人と出会ったりすることができる。現在、O2Oマーケティング手法の検討・開発に注力する同社は、SumallyがECサイトや実店舗の商品・在庫情報を提供できるメディアであり、O2Oマーケティングにおける有効な集客装置になり得ると判断して業務提携を決めたという。



同社は今後、e-マーケティングノウハウの提供などを通じて、サマリーと共同で商品開発を行い、一部の開発商品を独占販売していくことで同事業の価値向上、収益化を図るという。



また同社は、Sumallyが持つマーケティングツールとしてのプラットフォーム機能拡張を全面的に支援するとしている。広告主にとっては、Sumallyに商品を掲載することでユーザーの興味・関心情報を把握可能になり、各ユーザーに適した情報を提供できるようになる。



(Sherpa)



[マイナビニュース]







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000012-mycomj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

サイバーエージェント、スマホアプリ検索分析ツール「SEED」提供


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






サイバーエージェント、スマホアプリ検索分析ツール「SEED」提供


MarkeZine 9月20日(木)18時20分配信







 スマートフォンアプリ検索分析ツール「SEED」は、Google Play内アプリへの検索経由のインストール数、インストールに至った検索キーワード、キャリア別インストール数などを計測・分析することができる。取得できるデータは、日本語および英語圏のGoogle Play。



 これらの計測結果を利用した集客キーワードの最適化など、Google PlayおよびApp Store上のマーケティングに活用可能となっている。今秋にはiPhone 5にも対応したiOS用順位計測機能を追加する。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000003-sh_mar-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

トランスコスモス、韓国でデジタルマーケティング事業を本格展開


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






トランスコスモス、韓国でデジタルマーケティング事業を本格展開


MarkeZine 9月27日(木)12時0分配信







 トランスコスモスは、日本市場向けに提供しているサービスを海外向けに提供することを目指して、2000年に韓国市場に進出。現在、トランスコスモスコリアは韓国で100社を超える大手企業に、コールセンター、ダイレクトメール、フィールドサービスなどのサービスを提供している。そこに新たにデジタルマーケティング事業が加わることになった。



 同社は今年9月、本格的にデジタルマーケティング事業を展開するために、EC支援サービス体制を構築。今後も拡大が予想され、出店者の海外進出ニーズが高い韓国EC市場において、サイト構築から集客プロモーション、注文受付窓口、アフターサポートなどのコールセンター運営までをワンストップで提供する。



 トランスコスモスコリアは、デジタルマーケティング事業で、2016年度の売上300億ウォン(約20.8億円)を目指す。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120927-00000000-sh_mar-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

「ゲーミフィケーション」認知度は4.1%、「時間限定セール」は女性に好まれる傾向


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






「ゲーミフィケーション」認知度は4.1%、「時間限定セール」は女性に好まれる傾向


MarkeZine 10月2日(火)12時10分配信







 「ゲーミフィケーション」は、サービスにポイント獲得などのゲーム的な要素を組み込むことで、集客やユーザーの活性化、ロイヤリティの向上を図るマーケティング手法。今回の調査では、「ゲーミフィケーション」という言葉の認知度は4.1%。10~20代は4.8%、30~40代も4.8%で、50代以上では1.5%となっている。



 実際に利用したことがあるゲーミフィケーションは、ビンゴやすごろくが最多で50%を占め、「航空会社のマイレージプログラムのようなポイントや会員制度」が27.6%、「グル―ポン、ポンパレのような時間限定のセール」が17.1%と続いた。



 時間限定のセールの利用経験者のうち、これがあると「利用したくなる」と回答した男性は74.4%、女性は86.0%となり、「時間限定セール」は女性に好まれる傾向があるとしている。



【調査概要】

テーマ:ゲーミフィケーションに関する調査

調査対象:株式会社ネットマイル社パネル

調査地域:全国

調査期間:2012年9月24日~2012年9月25日

調査手法:インターネット調査

有効回答数:1,000サンプル

性別年代:男女 10代~50代以上 各100サンプル







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121002-00000001-sh_mar-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

米追従の日本人は“幸福な奴隷”メディアリテラシー獲得重要


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






米追従の日本人は“幸福な奴隷”メディアリテラシー獲得重要


NEWS ポストセブン 10月2日(火)16時5分配信







 尖閣諸島問題に端を発した「反日デモ」が中国全土で繰り広げられる中、民主・自民両党の党首選では、「毅然とした態度を取る」(野田佳彦・首相)、「中国には国際社会の一員としての資格がない」(安倍晋三・自民党新総裁)など、中国に対する厳しい発言を各候補が繰り返した。



 それは当然である。しかし、その勇ましい論戦に耳を傾けた人にはこんな思いを持った人が少なからずいたのではないか。「なぜ、誰もアメリカにはもの申さないのか」――と。



 オスプレイ配備、TPP参加問題などで「外圧」を強める米国には、誰一人として批判的な発言を口にしない。だから、いくら総理大臣や“次期総理大臣”が「外国にモノを言える政治家」をアピールしても、そこには虚しさがつきまとう。



 新刊『アメリカに潰された政治家たち』(小学館刊)で、現政権を「戦後最大の対米追随」と喝破した孫崎享氏と、早くから「アメリカの対日要求圧力」問題を看破してきたノンフィクション作家の関岡英之氏が語り合った。



孫崎:TPP絡みで恐ろしいと思ったのは、今年の5月に起きたある事件です。在日中国大使館の李春光・元一等書記官がスパイ活動を行なっていた疑いがあるとして報じられました。その対象が鹿野道彦・農水相(当時)で、その後の内閣改造で農水相を辞任しました。



 農水省にどんな国家機密があるのか知りませんが(苦笑)、鹿野農水相はTPP加盟に反対でした。野田首相と米国にとって邪魔な存在だったのです。後任にはJAと関係が強い郡司彰議員が就きましたが、就任後、野田首相の方針に従うと宣言しています。



関岡:あのスパイ事件は発覚したタイミングからして政治的背景が濃厚です。孫崎さんは岸信介も田中角栄も米国の工作で潰されたと述べられていますが、細川護熙首相の唐突な辞任劇はどう見ていますか。



孫崎:細川氏は安全保障で脱アメリカを図り、「成熟した大人の関係」を築くと表現した。彼が作成させた「樋口レポート」は、国連を中心とし、日米安保はその次としていました。



関岡:米国は自主自立派を必ず潰しにくるわけですね。



孫崎:その通りです。細川氏の著書『内訟録 細川護熙総理大臣日記』(日経新聞出版)は、日付からなにから詳細に書かれているのですが、なぜか日米関係の話は一切書かれていない。武村正義・官房長官を外したところから細川政権は崩壊したわけですが、細川氏は訪米中に「武村を外せ」と米国側にいわれ、細川氏から相談を受けた小池百合子氏が自分のブログで書いたことで明らかになった。



 ですが、その経緯について、細川氏は全く触れていない。結局、彼は自分の政権がなぜ倒れたのかという一番大切なところを書いていないんです。「書けない理由」があるんだろうと思います。



関岡:最近、民主党から日本維新の会に移った政治家に、松野頼久・衆議院議員がいます。彼は細川氏の元秘書で、熊本1区を受け継いだわけですが、細川首相時代にはクリントンとの日米首脳会談にも恐らく同行しただろうし、細川氏から墓まで持って行く話を聞かされていたかもしれない。松野氏はその後、鳩山由紀夫氏の側近となり、鳩山政権の官房副長官として常に鳩山氏に寄り添っていた。



 細川、鳩山という自主自立を目指して挫折した政治家の最側近だった松野氏が、日米同盟基軸、TPP参加を掲げる橋下徹氏の日本維新の会に移った。日米関係の深淵を見て絶望したのか、それとも何か深い思惑があるのか……。実に興味深い動きです。



孫崎:細川、鳩山から橋下に移るというのは、思想的にはあり得ないですね。



関岡:松野氏の祖父は松野鶴平(元参院議長)で、元祖・対米追随派の吉田茂元首相の側近、父親の松野頼三氏は小泉純一郎元首相の後見人でしたが、血筋が蘇ったのでしょうか(笑い)。



 それにしても、自主路線の政治家が次々に潰され、対米追随一辺倒になっていくことに怒りの声があがらない。日本人はハッピースレイブ(幸福な奴隷)になってしまったのでしょうか。



孫崎:歴史学者のガヴァン・マコーマック(豪州国立大学名誉教授)と対談した際、彼は「これだけ隷属し、その隷属を自ら望む日本は、世界史上でも稀な国だ」といっていました。



――民主党にも自民党にも自主派がほとんどいなくなってしまったいま、現状をどう打破すればいいのでしょうか。



孫崎:まずは事実を知ることでしょうね。テレビや新聞などは一方的な情報しか流さないので、インターネットなどを駆使してどこに真実があるのか自ら努力して探していく。真実を共有できれば、日本国民は可能性を持っているのではないかと思っています。



関岡:いまだにマスコミ報道やワイドショーのコメンテーターの片言隻句を鵜呑みにして投票してしまう人は決して少なくない。真実に迫るには、まずメディアリテラシーを研ぎ澄ませることが肝要だと思います。



※週刊ポスト2012年10月12日号







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121002-00000025-pseven-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

アクセスアップできるレスキュー(RESCUE)とは、どんなツールなのか?


このブログで紹介しているFC2ブログに対応した自動投稿ツール

レスキュー(RESCUE)

とは、どんなツールなのでしょうか?



このレスキュー(RESCUE)には


・FC2記事自動投稿機能(Yahoo!ニュースから記事取得)

・複数ID管理でブログ増産

・コメント回り機能でよりアクセスアップ

・インフォトップのアフィリリンクを自動挿入

・キーワード設定により属性に合った集客

・投稿記事にコメントを挿入できオリジナルな記事作成も

・サーバー設置不要でPC上で稼働

などの機能があります。



ツールですから
使う場合には、一番適した方法で使わないと意味がありませんし
場合によっては、逆効果のこともあります。

でも

忙しくて、なかなかブログのメンテナンスができない場合にはぴったりです。

メインブログは毎日自分で更新して
サブブログやサテライトブログはツールで更新+時々自分で更新


という形がベストかなと。


あなたも、ツールで効率化を図ってみませんか?

今なら限定価格で購入できます。

人数限定なので、いつなくなるか分かりませんよ。


こちらのブログでレビューを見つけましたので
見てみてください。

 ⇒ レスキュー(RESCUE)のレビューはこちら

新生ヤフー「爆速」経営への挑戦(2)/宮坂 学(ヤフー〔株〕代表取締役社長)


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






新生ヤフー「爆速」経営への挑戦(2)/宮坂 学(ヤフー〔株〕代表取締役社長)


PHP Biz Online 衆知(Voice) 8月24日(金)12時32分配信







◆ソーシャルメディア分野で巻き返す◆



 内田 ヤフーはポータルサイトとして、インターネットをどんどん便利にしました。無料でサービスを提供し、ユーザーはその恩恵を受けてきました。その結果、確固たる地位を築きましたが、あるときを境に、まったく別のインターネットへの入り口ができてしまった。それが急加速的に増えています。この現象は想像できましたか。



 宮坂 ここまでとは正直、思わなかったですね。でもiモードのときもそうでしたが、この世界は変わるときは、1年、2年で一気に変わる。変わるというよりも、流れているといったほうが正しいかもしれない。ですから新しいハードウェアでネットの使われ方が変わるというのはよくわかりますし、たぶん今後もあると思います。



 内田 ヤフーはスマートフォンに対して後れを取ったという記事をみますが、ここはどうなんでしょう。



 宮坂 ヤフーはすごく遅れたといわれますが、月に1回、ヤフーのスマホサービスを使う人は、スマホユーザーの約8割いて、これはそんなに悪い数字ではないと思います。ヤフーオークションの数字も伸びています。派手なサービスがないので、ヤフーは何もやっていないというイメージなんでしょう。ただ、ロケットスタートではなかったのは確かですし、ソーシャルメディアには出遅れましたからね。そこはちゃんと受け止めてやっていこうと思います。



 内田 ソーシャルメディアはユーザーにとってまったく新しい刺激だったと思います。スマートフォンとも親和性が高かったので、買い替えをきっかけに多くの人が始めました。トレンドでいうと、ソーシャルメディアに人が集まり、情報が集まり、そこにお金が集まっているという状況ですが、ヤフーはどのように関わっていきますか。



 宮坂 ヤフーでもソーシャルグラフを自前でつくろうとして、「ヤフーデイズ」を立ち上げるなど、ずっと試行錯誤を続けてきました。これからも試行錯誤は続けていきます。最近、素晴らしいなと思ったのはLINE。「国産でもああいうものを生み出せるのか」と、日本のIT業界にものすごく勇気を与えたと思います。「シリコンバレーに行かなくても、東京でできちゃうんだ」と。僕らにもああいうものを生み出せるかもしれないと思わせてくれたのであきらめずにやりたい。でも目先としては、フェイスブックと連携するなど、他社のソーシャルグラフの上に何かコンテンツを流すことも悪くはないと考えています。



◆ユーザーの課題を発見する使命◆



 内田 いま、ネットビジネスにおいて、成功のキーワードは「データ」という流れになっています。アップル、アマゾン、グーグル、フェイスブック、ツイッターこそが覇者であり、彼らのもっている莫大な個人情報こそが資産だと。ヤフーにも個人情報はたくさんあると思いますが、データ分析についてはどうお考えですか。



 宮坂 僕らは課題解決エンジンですから、個人情報が、顧客や企業、社会に対してどのような課題を解決する可能性があるのかは考えるべきだと思います。ただ、情報自体はもっていてもコストにしかなりません。それが消費者や生活者の不便を解決したときに、初めてバリューを生んで経済的対価が付くという順番だと思います。データはたしかにたまります。でも、それを使って何か具体的な課題解決ができるかというと、そんなに簡単な話ではないと思います。



 内田 IT業界は次々と新しいワードが出てきて、落ち着く暇がないですね。



 宮坂 そうですね。以前は流行りそうなサービスを片っ端から探していましたが、それを追いかけるとヘトヘトになるだけでした。そこで、「変わるもの」より「変わらないもの」にフォーカスしたほうが大事だと思うようになりました。ヤフーは課題解決エンジンという自分の価値、ミッションをしっかり守っていきたいと思いますね。



 内田 「課題解決エンジンとしての課題」は何ですか。



 宮坂 課題は見つけないと解決しようがないので、まずは課題を発見することですね。お客さんの課題の発見というのは非常に人間的な話で、困っている人に寄り添ってあげる優しさとか、共感力、深い洞察力、そういうものが必要です。そういった感性をもつ社員を育てていきたい。



 内田 解決するべき課題を発掘していく一方で、ヤフーはすでに150ほどのサービスを展開しています。スマホでのサービスを展開していくにあたって、これは「爆速」の重荷になってきませんか。



 宮坂 そうですね。組織論的にいいますと、これまでは150のサービスを一つの巨大な戦艦に乗せて重厚に進んできましたが、環境が変わって、「スピード」が強さになり、生き残るための重要なスキルにもなってきました。今後は重い船1隻ではなくて、小回りの利く船を150隻つくるイメージです。それぞれ船長を決めて、「航路は任せた。目的地はスマートフォン、待ち合わせ場所は201X年、利益は2倍だよ」と。



 内田 それはすごい変化ですね。でも途中沈没したり、遭難したりする船も出てきてしまうのではないでしょうか。



 宮坂 100勝50敗ぐらいで行ってくれれば悪くはないと思います(笑)。僕には、井上のような強烈な何かがないので、150全部を存続させるのは無理だと思いますが、違う方法で生き残りを考えていかなければなりません。



 内田 同業他社とだけでなく、船長同士の戦いにもなっていきますね。



 宮坂 そうですね。自主独立で、集中型から分散型で、みんながワーッと行く感じの組織にしたいんです。



 内田 いままで大きい戦艦に乗って安心しきっていたのが、これからはおまえたちが漕ぐ。競争だと。これは社員の方たちにとってはおそらく衝撃で、本気で頑張らないとまずいなとなってきますね。



 宮坂 そこが狙いですね。やはり社内が競争社会になると思います。安心といわれましたが、社内はだいぶ変わっていくと思いますので、競争が苦手な人は出てしまうかもしれません。でも、僕はヤフーをコンペティションな世界にしたい。走るのと一緒で、いわゆるジョギングは楽しいけど、やはりレースに出る喜びってありますよね。あいつには負けたくないとか、去年の自分に勝ちたいという。そういう世界には楽しみと達成感があります。勝負事は、大の大人がムキになってやるからこそ面白くなるのです。



 内田 そのコンペティションのなかで、成果を挙げた人への報酬は、どのようなものになっていくのですか。



 宮坂 達成すればいいことがあるというようにしたいので、四半期ごとに決算を締めて、予想を上回る利益が出せればインセンティブを出していきます。また、サービスは統一された指標をもとにY1からY4まで格付けされていて、ちょうどピラミッド型になっています。上に上がるほど優遇されるので、下のサービスには発破をかけています。



 内田 「評価の見える化」ですね。わかりやすい。



 宮坂 僕らは「透明に不平等にやろう」っていっているんです。頑張った人とそうでない人の評価が同じなんてことはありえない。そこは不平等にしますよ、と。ただし、ルールは透明にしないといけないので、こうしたら上に行ける、こうしたら行けないという道筋は、はっきりさせたいと思います。



 内田 やる気がある人間をどんどん船長に起用していくのですか。



 宮坂 適材適所はやはり自分で決めることだと思いますので、「おまえはこれに向いてる」とはいいますけど、自分のキャリアですからね。乗る船、クルーぐらい自分で考えて選ぶ価値があるだろう、と思いますね。



◆あらゆる企業が「IT企業」と呼べる時代◆



 内田 いま、産業の勢力図が大きく変わっています。時価総額でみると、多くのIT企業が上位を占めています。



 宮坂 でもIT企業という括りを考えたとき、いまやどの業界もITなしでは機能しませんよね。これはひと昔前の自動車に似ていて、工業はもちろん、小売りから一次産業まで、あらゆる産業を変えたと思います。ITも同じです。ヤフーのように「ネット専門のところはIT企業だね」というのはわかりやすいですが、製造業、サービス業もITの力で大きく変わっている。スマートフォンでさらに大きな変化が出てくると思います。



 内田 逆に、これまで「IT企業」といわれてきたグーグルやアマゾンが、デバイスを発売するなど、ITと製造業の垣根がなくなりつつあります。ヤフーも今後、デバイスを出すつもりはあるのでしょうか。



 宮坂 どうでしょう。あくまでもユーザーの「課題解決」を最優先に考えているため、「他社がやっているからうちもやる」というスタンスではなく、「これをやることで困っているお客さんを救えるか」というところに意識を集中させるべきですから、そこは慎重に考えないといけません。



 ただ、IT自体はどの業種も避けて通れないため、ヤフーとしてはどんどんタッグを組んでいきたいですね。



 内田 「IT企業」という括りというよりは、あまねく産業のインフラになっている、ということですね。



 宮坂 そうです。インフラです。ITは水や空気のような感じになっていると思います。もはやあらゆる企業が、IT企業と呼べるエッセンスをもっているのではないでしょうか。



 内田 いま、ローソンの取材をしているのですが、ヤフーはローソンとも組んでいますよね。ほかにもアスクルやTポイントなど、異業種との提携に積極的になってきています。このあたりの戦略を教えてもらえますか。



 宮坂 「ヤフーだけではできない課題解決が、リアルな企業がもつ課題解決の力を借りることで可能になる」「ヤフーが得意なものを利用してもらうことで、企業が抱えている課題を解決できる」など、消費者に対してもっとよいサービスができるのではないかと思うんです。たとえば、Tポイントはネットでは使用できず、ヤフーのポイントはリアルで何もいいことがなかった。二社が組むとポイントを使える場面が増え、ユーザーにとってはうれしい話になります。そういう意味では、わりとシンプルですけど、一緒にやることでお客さんがよりハッピーになるということですね。



 内田 これからは個人だけでなく、企業の課題も解決していくと。



 宮坂 はい。企業の課題解決だけでなく、世の中の課題を解決するためには、自社だけではなくて、違う業種の人とタッグを組んだほうが、できることもあると思います。ただ、それが誰の課題解決になるのかをしっかり考えていく。利益が出そうな提携話も持ち込まれますが、「困った人がどういうふうに笑うのか」というところまでリアルにイメージできなければ、ヤフーはやりません。



 内田 これからのヤフーが楽しみです。



 宮坂 アップルがそうでしたが、1、2周抜け落ちても逆転チャンスはあるんです。ただ、そこに人がいないとどうにもならなくなる。そういう意味ではヤフーは知識情報産業ですから、とにかく人です。優秀な人を採用して、鍛え上げ、辞めないでいてもらう。そこができていれば、世の中がどんなに変わっても、ついていけると思っていますね。



<取材・構成:内田裕子(経済ジャーナリスト):『Voice』2012年9月号より>







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120824-00000002-voice-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

若者よ、スタートアップ【起業】せよ! ガラパゴス代表取締役社長・中平健太「くたびれた35歳がいる会社に入社しろ!」


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






若者よ、スタートアップ【起業】せよ! ガラパゴス代表取締役社長・中平健太「くたびれた35歳がいる会社に入社しろ!」


週プレNEWS 8月15日(水)6時10分配信




















写真を拡大
写真を拡大


若者よ、スタートアップ【起業】せよ! ガラパゴス代表取締役社長・中平健太「くたびれた35歳がいる会社に入社しろ!」



写真を縮小
写真を縮小


若者よ、スタートアップ【起業】せよ! ガラパゴス代表取締役社長・中平健太「くたびれた35歳がいる会社に入社しろ!」

2009年にスマホ用のアプリ開発会社『ガラパゴス』を立ち上げた中平健太氏は現在31歳




仕事がなかなか見つからない! 見つかっても理不尽なパワハラで、ウツ→出社拒否→無職に戻るの無限ループが……!? “だったら、自分で会社作っちゃえばいいんじゃね?”と立ち上がる若者たちが増殖中。今回は週プレが注目するスタートアッパー・中平健太社長の登場です。



「僕は『世界を変える』とかいうよりも『きちんと健全にお金を稼げるシステム』というものを自分でつくってみたかったんです」



と話すのは、スマホ向けアプリの開発で急成長中のガラパゴス・中平健太社長。壮大な夢を見ることから始める起業家が多いなかで、珍しいタイプだ。



「そんななかでまず自分たちはスタートアップ時に、投資ではなく創業融資を受けて800万円ほど借り受けられました」



―おお、しょっぱなからお金集めがうまくいったんですね! では、それを早速ドドーンと派手に使って大きな成果を?



「いやいや。僕らは一発の大きいホームランではなくコツコツとヒットでつなぐほうがいいと考える創業メンバーが集まったんです。 なので初めは極力固定費を下げるために、4人の創業メンバーのうち、ふたりは実家に戻って、ふたりは池袋に月9万円のボロッボロの2DKを借りて、そこを事務所兼用で使ってました。



当時はみんなの年収は100万円を切っていて、家賃や光熱費など必要最低限のお金を払ったら後に残るのは月に1万円。仲間が缶コーヒーを飲んでたら『それ、贅沢すぎじゃない?』とツッコミを入れるぐらい。でも、意外とこれでやっていけるモンなんです。頑張ってると友達がお酒とかおごってくれますし。昼ごはんも持ち回りで料理していたので、腕が上がる上がる(笑)」



―それだけ堅実に経営を行なえば、その後はトントン拍子で会社は回っていったということかと?



「いや、それが起業したては右も左もまったくわからなかったので、3件ぐらい変な案件で振り回されましてね。全然集客できなくてモノは売れないし、こちらが悪くないのになぜか夜中に恫喝されるし、さんざんな目に。人間の汚いところもキレイなところもいろいろ見ることができました。



でも、そうした経験もあって、人間的にはだいぶパワーアップしたと思います。スーパーサイヤ人と一緒で、瀕死になった状態から復活したらさらに強くなってるみたいな」



―やっぱりピンチは人間を強くするんですね。



「そのおかげなんですかね。起業してしばらくしてから、同年代のサラリーマンよりもチヤホヤされるようになってきたと思います。オーラが違うんだと思いますよ!」



―となると、夜遊びのほうもサイヤ人並みに?



「いえいえ。一番会社が厳しかったときに付き合い始めた彼女と結婚して、今は家庭が一番大事なんです。でも、“周り”の起業家はけっこうモテてるみたいですよ」



―では、これからスタートアップを目指す若者たちに何かアドバイスはありますか?



「孤独に殺されるので、決してひとりでは起業しないこと。いい仲間を見つけることが本当に重要です。創業メンバーは学生時代の友達ではなく、会社の同期が一番いいですね。『仕事をする』っていう目的があって、あまり関係が近すぎず、ちょうどいい距離感なんです。同期の中で優秀な人材を上から順に片っ端から誘っていくのが正しいと思います。



それと、まだ社会がよくわかっていない20代のアホなうちに会社を辞めたほうがいい。できれば、会社に入って3年以内に辞めることをオススメします。もし踏ん切りがつかないのであれば、同僚に『いつまでに辞める』と退社時期を宣言することも効果アリです。とりあえず辞めてみてから考えましょう」



―「考えるより行動を」ということでしょうか。



「そうですね。人間は環境にアジャスト(適応)する生き物なので、なんとかなりますよ。あとはあんまりいい会社に入らないこと。独立を考えているのなら、やりがいがあって辞めたくなくなるような大手の商社などに入っちゃ絶対にダメです。



起業をするために入社すべき会社のわかりやすい見分け方は、その会社で働く35歳の社員を見て、疲れ果てた人がいたらOK。無理にでもそこに入ったほうがいい。逆に充実感で満ち満ちているような先輩が少しでもいたら、その会社は要注意! 起業する邪魔になりかねません(笑)」



(取材・文/恒吉浩之)



<起業3ヵ条>

(1)在庫を持たない

焦げ付いてしまうリスクがあるため、在庫を持つビジネスには絶対に手を出さない



(2)固定費をなるべく低く

固定費が高いと、会社の経営状況がちょっと傾くだけでもピンチに陥ってしまう



(3)回収サイトを短くする

キャッシュフローが悪化するため、すぐに利益にならない仕事はやらない



●中平健太(なかひら・けんた)

1981年6月13日生まれ。早稲田大学理工学部卒。新卒でインクスに入社。コンサルタントとして企業向け基幹システムの開発を担当。2009年3月、ガラパゴスを創業。

【http://www.glpgs.com/】



『リアルスタートアップ 若者のための戦略的キャリアと起業の技術』(定価1260円/集英社)

株式会社 経営共創基盤パートナー/マネージングディレクター 塩野誠

●ゴールドマン・サックス、ベイン&カンパニー、起業、ライブドアを経たスタートアップのプロが語るリアル起業戦略

●2012年最注目のスタートアップ「ソーシャルランチ」創業者(福山誠氏、上村康太氏)インタビュー&プレゼン資料も掲載







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120815-00000472-playboyz-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

スカイツリーのすぐそば!下町商店街へようこそ


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






スカイツリーのすぐそば!下町商店街へようこそ


nippon.com 8月17日(金)17時30分配信




















写真を拡大
写真を拡大


スカイツリーのすぐそば!下町商店街へようこそ



写真を縮小
写真を縮小


スカイツリーのすぐそば!下町商店街へようこそ

スカイツリーのお膝元には、下町の暮らしが息づく、古くて新しい生活空間が広がっている(撮影=山田 愼二)




東京の下町には、古さと新しさが混在する生活空間が広がっている。墨田区在住の優理は、観光で来日した友人・ピーターに、日本の暮らしを身近に感じてもらうため、東京スカイツリーのお膝元にある商店街を案内してみることにした。



2人が最初に訪れたのは、「鳩の街通り商店街」。東武曳舟駅から徒歩約5分。水戸街道を浅草方面へ進むと、レトロな書体の看板が見えてきた。



◆鳩の街通り商店街:水戸街道側入り口



優理 ここが鳩の街通り商店街の入り口よ。

ピーター(以下、P) 鳩の街って、いい名前だね。でも、なぜその名前がついたの?

優理 ここは昔、東京大空襲で焼け残ったところに、被災した近隣の歓楽街・玉ノ井が移ってきたこともあって、だんだんと賑やかになって、戦後は赤線と呼ばれる地域になったの。

P アカセン?

優理 売春を目的にした特殊飲食店街のこと。戦後すぐは、進駐軍の米兵が主なお客さんだったそうよ。米兵がこの街にくると幸せになれる。だから、幸せの象徴である「鳩」を街の名前にしたんだって。



◆タイルの壁:赤線時代の名残



優理 その後、赤線は昭和33年に廃止されて、そうした飲食店も、だんだん一般のお店や住居に変わっていったそうよ。でも、今でも街を歩いていると、壁にタイルを貼った家が何件か見つかるはず。これは赤線時代の名残なんですって。

P あ、本当だ。写真を撮ってもいいかな?

優理 今も住居として使われているので、ご迷惑にならないように静かにお散歩を続けましょう。 



◆「エデン」:地元住民の憩いの場



優理 ところで、お腹空いてない?

P うん、ペコペコ(笑)。商店街の入り口にあった「エデン」という喫茶店、どうかな?

優理 いいわね! 昭和34年創業の「エデン」は、50年来の常連も集う、地元住民の憩いの場よ。

P エデンって、「エデンの園」が名前の由来?

優理 ジェームズ・ディーン主演の映画「エデンの東」からいただいたんですって。

P マスターもジェームズ・ディーンに似てハンサムだ。

優理 ご主人のお料理も、昔ながらの日本の洋食の味でとてもおいしいの。今日のランチはショウガ焼き定食ですって。

P この赤いのはスパゲティ?

優理 そうよ!喫茶店や食堂のおかずには、よくこのナポリタンがつくの。

P イタリアのナポリに、こんなメニューはあった?

優理 いいえ、ナポリタンは日本生まれのメニューよ。

P ふ~ん。ケチャップが利いていておいしい。



◆「はとホット」路地尊:防災のとりくみ



P あれ? これ手押しポンプ?

優理 そうよ。家の屋根に降った雨を、広場の地下の貯水槽にためて、このポンプでくみ上げるの。

P ここには水道が通っていないの?

優理 いいえ(笑)。これは、火事になったときのためのもの。「路地尊(ろじそん)」って呼ばれているわ。

P 消防車は来てくれないの?

優理 この辺りには、空襲の戦火をまぬがれたこともあって、昔からの狭い路地が残っているでしょう? 大型の消防車が入りにくい地域なの。

P だったら区画整理をして、道幅を広げればいいのに。

優理 街の人たちにとって、路地は生活の場であり、地域の交流の場でもあるから…。路地尊からは、自分達の手で街を守っていこうという、防災の心構えが感じられるわね。

P なるほど。あ、ポンプの向こうにスカイツリーが見えるよ!



◆「チャレンジスポット!鈴木荘」:古い街の新しい動き



P この古いアパートは何だろう。

優理 これは「チャレンジスポット!鈴木荘」。空き家だったところを、商店街が借り上げて、3年の期限付きで若いクリエーターに貸しているんだって。

P つまり、クリエーターズマンションってことだね。

優理 1階には店舗が3軒入っていて、2階は画家やライターがアトリエとして使っているそうよ。入ってみましょう。

P 「紙工房 堂地堂(どうちどう)」さんだって。ノートやポストカードがたくさんある。あ、スカイツリー柄のノートを発見!

優理 店主のご実家が、墨田区内で製本業をしていて、製本の過程で出る紙の破片を再利用して、メモ帳やノートを作ることを思いついたんですって。

P エコだし、何より楽しいね。段ボールを表紙にしたノートもあるよ。

優理 紙を自由に選んで、オリジナルノートを作ることもできるのね。



◆「こぐま」:商店街の情報基地



P そろそろ、どこかでひと休みしない?

優理 それなら、「こぐま」さんでお茶していきましょう。

P ずいぶん古い建物だ。この商店街にはこうした建物が多いね。

優理 この建物は木造の長屋建築で、昭和2年に建てられたそうよ。

P ナガヤって?

優理 1つの建物をいくつかの壁で仕切って、数家族が暮らせるようにした住居のこと。庶民の一般的な住まいだったの。

P お店の中も雰囲気があるなあ。

優理 こちらは戦前薬局だったそうよ。棚に当時使っていた道具や薬箱が並んでいるでしょう?

P ほんとだ。

優理 昭和50年に薬屋さんが閉店してから、空き家の時代も長かったけれど、6年前に演劇活動でこの地域に関わっていた若いご夫妻が入ってきて、「こぐま」をオープンさせたんですって。「こぐま」は、観光で訪れる人はもちろん、地元の人たちにも愛され、商店街の情報発信基地としてもなくてはならない存在になっているそうよ。

P あれ、ここの机や椅子は、なんだか小さくない?

優理 これは、日本の小学校や中学校で使われている机と椅子よ。

P そうなんだ。あ、机の上に落書きがある。僕が通った学校の机にも、落書きがあったっけ。

優理 子供のいたずらに国境はないのね(笑)。

P この街には、昔から商売を続けてきた人と、新しく入ってきた人とがいて、なんだかおもしろい。

優理 そうね。

P 古いものが大切にされているのも、いいよね。

優理 見て、このお米屋さんにも、昔ながらの日本建築の特徴が残っているわ。       

P お米屋さんのお隣の屋根も、ずいぶん立派だね。お年寄りが桶を持って入っていくけれど、これはもしかして…?

優理 銭湯よ。風呂付の家が当たり前になったけれども、今でも銭湯は、地元の人が言葉を交わしあう大切な場所なのでしょう。午後3時前には、開店待ちの行列ができるくらいの人気スポットなのよ。ピーターも一風呂浴びていく?

P うーん、また今度にするよ(笑)。



◆歴史と下町の風情を残して生かす:鳩の街通り商店街理事・松橋一暁さん談



鳩の街通り商店街には、80年近い歴史があります。戦後は赤線地帯となりましたが、昭和30年代には廃止され、生鮮食品や生花店などが軒を連ねるようになりました。



それからは、向島の料亭街が商店街のお得意様、という時代が続きました。しかし、政財界の官官接待で料亭が使われなくなると、商店街も次第に衰退していくことになりました。街の高齢化も進み、シャッターが閉まったままの店舗が増えていきました。



昭和の風情や歴史が息づく街並みを残し、生かしていきたい。そのためには、商店街としても何かしなければいけないと思い、「チャレンジスポット!鈴木荘」の企画を始めることにしました。商店街を元気にするためには、新しいアイデアをもった若い人たちを街に呼ぶのが最善の策だと考えたのです。まず、老朽化して取り壊されるところだった鈴木荘を、商店街で借り上げました。家賃を極力抑え、借りてくれる若い人を募集して、ここを拠点にものづくりをしてもらうことにしたのです。2007年から話し合いを重ねて、2008年にスタートしたこの企画ですが、現在も鈴木荘は満室で、クリエーターがそれぞれの活動を行っています。



街の情報発信力も次第に付き始め、最近は、若い人たちがずいぶん集まってくれるようになりました。これからも、商店街の皆さんと知恵を出し合って、地元の人たちと若い人たちが共に街をつくっていけるような、そんなイベントや企画を実施していきたいと思っています。



◆キラキラ橘商店街:原公園側入り口



次に2人が訪れたのは、「キラキラ橘商店街」。東武曳舟駅から徒歩約7分、京成曳舟駅なら徒歩5分。「曳舟湯」の破風と門塀、のれんがそそる大衆酒場を横目に見ながら、いざ商店街へ向かう。



優理 キラキラ橘商店街に到着! 

ピーター(以下、P) ところで、なんで名前に「キラキラ」が付くんだろう?

優理 地元の女の子のアイディアらしいわ。商店街を活性化させる目的で、愛称を公募したんだって。

P いい名前だね。地域の人に愛されている感じがする。ん? なんだかいい香りがする。

優理 来年で創業60周年を迎えるおでん屋、「大国屋」さんよ。こちらのお母さんは2代目で、3代目になる20代の息子さんも、お店をお手伝いしているそうよ。

P 若い人がお店を継いでいるのは、見ていて頼もしいね。あ、東京スカイツリーがここにもあるよ!

優理 商店街の方々も、こうやってツリーの開業をお祝いしているのね。あら、お豆腐屋さんだ。ピーター、お豆腐は好き?

P 大好きだよ。ヘルシーフーズとして海外でも人気があるよ。

優理 見て、お豆腐パックにもスカイツリーが!「京都へ行かなくても デパ地下に行かなくても 旨い豆腐“京島”にあり」だって。カッコイイ。ん? このお豆腐には何かがミックスされているよ。

優理 これはバジル味のお豆腐。こちらはユズ。ゴマ。シソ。“変わり豆腐”がそろっていて楽しいわね。

P ケーキもある。これもお豆腐?

優理 おからよ。「三善」さんも、昭和42年(1967年)創業で、今年45周年をむかえる古いお豆腐屋さんだけれど、若い社長さんがアイディアマンなんですって。お惣菜もいろいろあって、選ぶのに迷っちゃう!



◆「ぺロケ」:お客様を思う心



優理 ピーター、この辺でひと休みしない?

P ここは、喫茶店「ぺロケ」?

優理 「ぺロケ」はフランス語でオウムという意味なんですって。ここも、手作りケーキとコーヒー、生ジュースのお店として、40年前にオープンしたそうよ。

P でも、今ではラーメンも焼きそばも食べられるんだね。喫茶店なのに。

優理 お客様のリクエストにこたえているうちに、メニューがどんどん増えてしまったんですって。

P お客さま第一、っていうことなのかな?

優理 下町には、見た目ではなくて、味にうるさいお客さんが多いから、このお店も、よりよい材料を使ってお客様にお出しするよう心がけているそうよ。  

P 飾らない。でも、見えないところでしっかり頑張って、お客さんの期待にこたえる。簡単なようで難しいね。

優理 だんだん下町の心が分かってきたわね!

P それにしても、ここの商店街は、店先で食べ物を売るお店が多いね。

優理 夕方は、まるで惣菜合戦みたい。みんなで競い合って商店街を盛り上げているのね。ここは鶏肉屋さんだけど、お肉を使ったお惣菜が50種類以上あるそうよ!

P すごい!どれもおいしそうだなあ。

優理 キラキラ橘商店街は、ここでしか買えないものや、ここでしか食べられないものを「キラキラブランド」として認定していて、認定商品にはマークを付けることができるの。この「チキン餃子」もその1つ。

P じゃあ、ぜひとも食べてみなくちゃね。

優理 まとめて買うと、お買い得になるのね。

P すぐに食べるなら、温めてくれるって。このお店は、すごくにぎやかだね。

優理 八百屋さん特有の威勢のいい「売り声」ね。お客さんとの会話も楽しそう。お客さんがたえないから、品物の回転もよくて、つねに新鮮な野菜がたくさんそろうのね。

P 僕も野菜を買っていこうかな(笑)。

優理 お店の作戦はみごと大成功ね(笑)。ここは「向島電化ハウス」だって。

P お店は懐かしい感じだけれど、名前はハイテクだなぁ。

優理 あ、レコードが売られている!それも新品よ。

P 次はお寿司屋さん。「たぬき寿司」だって。

優理 お店の前でお惣菜を売っているお寿司屋さんは、はじめて。

P あ、コハダがパックに入っている!

優理 自家製の卵焼きやガリもある。買っていこうかしら。この商店街を歩くだけで、毎日の生活に必要なものは全部そろっちゃうね。

P 商品を見ているとお店の人が声をかけてくれて、いろいろ教えてくれる。話がはずんで、ついつい買ってしまう。歩くだけで、お腹がいっぱいだ(笑)。



◆地域密着を大事にしたい:キラキラ橘商店街理事・大和和道さん談



商店街には、大きく分けて3タイプがあります。一つは広域型といって、浅草のように全国からお客さんが集まる商店街。二つめは地域型で、江東区の砂町商店街のように、区内からお客さんがやってくる。三つめが地域密着型で、商店街の半径500~700メートルに住んでいらっしゃる方がお客さん。うちの商店街はこの地域密着タイプです。



大型のショッピングセンターが進出し、日本全国で地元商店街がシャッター通りになっています。この界隈でも、駅前には大型店がありますし、他人事ではありません。しかし、商店街は、水道や電気と同様、地域の人たちの暮らしを支える「ライフライン」であり、「プラットフォーム」。大型店には代えられない役割を担っているのです。



商店街も、お客さんも、高齢化が進んで世代交代の時期を迎えています。時代の流れに合わせて、商店街も意識を変えていく必要があって、これまでさまざまな試みをしてきました。月に一度の朝市は30年続いていますし、年に5回ほど大売り出しもします。7月の七夕まつりや9月の夜市は、子どもたちを巻き込んだイベントですし、商店街の独自ブランドを設けて、お店の自助努力を促す工夫もしています。また、高齢のお客さんが休めるよう「お休みどころ」を作ったり、一部、高齢者の多い集合住宅で移動販売を行っているお店もあります。



東京スカイツリーの開業は、集客のチャンスかもしれません。しかし、地元に愛されなくては、観光客にも愛されない。これからも、地域密着型であることを大切にしながら、観光客にとっても魅力的な地域づくりをしていきたいです。







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120817-00000302-nipponcom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

映画プロデューサー・李鳳宇氏が紆余曲折を経て持ち続けている映画への思いとは?(仕事とは? Vol.79 映画プロデューサー 李鳳宇)


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






映画プロデューサー・李鳳宇氏が紆余曲折を経て持ち続けている映画への思いとは?(仕事とは? Vol.79 映画プロデューサー 李鳳宇)


就職ジャーナル 8月22日(水)13時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


映画プロデューサー・李鳳宇氏が紆余曲折を経て持ち続けている映画への思いとは?(仕事とは? Vol.79 映画プロデューサー 李鳳宇)



写真を縮小
写真を縮小


映画プロデューサー・李鳳宇氏が紆余曲折を経て持ち続けている映画への思いとは?(仕事とは? Vol.79 映画プロデューサー 李鳳宇)

身近な人たちに見せて恥ずかしくないものを




仕事とは? Vol.79

映画プロデューサー 李鳳宇





■映画配給会社の経営に失敗。もう立ち直れないと思った



ジャーナリズムの勉強のために留学したフランスで映画にのめりこんでしまい、帰国後は仕事のアテがまったくない状態でした。留学中は大学にほとんど行かず、なんの専門知識もありませんでしたし、日本でフランス語を教えて一生食べていけるとも思えなかった。その時に、ただひとつ自分にあったのが、「映画が好き」ということだったんです。



シナリオ作家協会で脚本を学び、徳間ジャパンに入社。映画制作をひと通り修業して、映画配給会社シネカノンを立ち上げたのは29歳の時でした。当時は80年代後半で、日本ではハリウッド映画全盛期。独自性があって面白い作品はハリウッド以外にもたくさんあるのに、大手映画会社ではビジネスになりにくく、あまり公開されていませんでした。大手とは異なる配給ルートを確立すれば、「隠れた名作」も世に出せるのではと考えたわけです。



2011年に代表を退くまで、シネカノンでは150本以上の映画を配給しました。『シュリ』(00年)や『JSA』(01年)がヒットして「韓国映画ブームの火付け役」とも言われましたが、配給作には邦画やフランス映画もありますし、キューバ映画やイギリスのクレイアニメもある。国籍はさまざまですが、共通しているのは一般の日本人になじみの薄い文化や、陽の当たらない人たちを描いた「知らない世界」の映画だということ。ただ、宣伝を工夫して劇場にさえ足を運んでもらえば、誰にでもわかる作品ばかりだったと思います。実際、『パッチギ!』(04年)や『フラガール』(06年)など僕がプロデュースした作品を含めシネカノンの映画は、たくさんの人たちが観てくれました。



それだけに、シネカノンの経営破綻には責任を感じましたし、今もそうです。資金調達上の契約を巡るトラブルなどさまざまな事情はありましたが、僕の経営判断が間違っていたと言わざるを得ません。お客さまや一緒に映画を作ってきた人たちに対して申し訳ないのはもちろん、独立系の映画を盛り上げようと頑張っている同業者の方々をがっかりさせたことが悔しくてたまらなかった。落ち込んで、一時はもう立ち直れないと思いました。



そんな時に友人や仕事関係で知り合った方々が資本金2200万円と新作映画『EDEN』の制作費6000万円を集めてくれ、11年4月に映画制作会社SUMOMOを設立しました。皆さん、「これからもいい映画を作ってほしい」と言って助けてくれたんです。一生懸命仕事をしていれば、見ていてくれる人というのがいるものなんですね。ありがたいなんてものではありませんでした。





■「わがまま」と言われるのを承知で、どうしてもやりたいことがあった



SUMOMOの事業として映画の配給・制作がありますが、もうひとつ力を入れているのが13トンの大型トラックに設備を積んで全国各地に出向く「移動映画館MoMO」です。11年9月に東北の被災地を回って映画祭を開催することからスタートし、09年度カンヌ映画祭グランプリ受賞作品『預言者』など12年公開の作品をほかに先がけて上映しました。



移動映画館というと、地域の集会所などでゴザを敷いて鑑賞する上映会のようなものを思い浮かべる方が多いと思いますが、『MoMO』は違います。エアドームを膨らませて設営した劇場で、最新式デジタル映写機を装備。120席の座席には肘掛けやカップホルダーもついていて、スクリーンが観やすいようシートは階段式になっています。



移動映画館を作るという発想は10年ほど前からあたためてきたものです。当時はシネカノンの経営がうまくいっていて、都内にある直営のミニシアターも好調だった時期です。一方、地方では地元のこぢんまりした映画館が次々と姿を消し、おもに大作映画を公開するシネマコンプレックス(複合型映画館)が集客力を伸ばしていました。そんな状況も手伝って「ミニシアター系のビジネスは都会でしか成立しない」という考えが業界の常識になっていたのですが、本当にそうかなという思いが僕にはありました。日本中の人たちがもっといろいろな映画を楽しめるような新しいシステムを作れたらいいのにと。



そんな時に北フランス地方で移動映画館が人気だと聞いて、岩井俊二監督と見に行ったんです。その移動映画館の設備もお客さまの楽しませ方も素晴らしくて。すぐに実現を検討したのですが、日本の法律に合った移動映画館を運営するには資金も手間もかかりすぎるということでその時は断念しました。ようやく夢がかなったのは、意外かもしれませんが、劇場となるエアドームに使用する素材の開発技術が進歩したことも大きいんですよ。日本の道路交通法ではトラックの最大積載量が定められていて、希望する広さのエアドームを作るのが難しかったのですが、帝人さんが超軽量素材を開発したと聞いて「コレだ!」と思ったんです。



設備の快適性にこだわった分、お金はかかりました。資金は事業に賛同してくれた方たちの援助を受けています。設備を簡素にしたり、各地のホールで昔ながらの映写機を使って上映会をするなどコストを抑える方法はあったかもしれませんが、お客さまに観てもらうからには「本物」を提供したかったんです。これまで東北を中心にいろいろな場所に行きましたが、お客さまには好評ですし、エアドームを広げて設営していると子どもたちが目を輝かせて見物しています。地方の映画館は減少を続けていますが、『MoMO』がかつての名画座に変わるような映画体験を日本中に少しでも届けられたらと思っています。



とはいえ、移動映画館『MoMO』は始まったばかり。良質な映画を皆さんに観ていただく自信はありますが、ビジネスとしてうまくいくかどうか保証はありません。会社の収益だけを考えたら、映画のプロデュースや映画について学校で教えるなど、僕のこれまでの経験を生かせる仕事だけをしていた方が安全かもしれない。友人たちからは「自分にお金もないのにこんな実験的な事業を立ち上げるなんて、お前は究極のわがままだ」と言われます。でも、どうしてもやりたかった。11年12月末時点で全国の映画館は3339館ですが、その8割以上がシネマコンプレックスです。その是非はともかく、問題はシネコンが大手配給会社と一定の契約を結ぶため、良質な作品でも収益性が高くなければ公開されづらくなっていること。公開作品の多様性が薄れれば、日本の映画文化は育たなくなってしまいます。「日本の映画ビジネスのシステムを変える」というような大きなことは言えないけれど、何かを変えられるのは、もしかしたら『MoMO』のようなゲリラ戦の積み重ねなのかもしれないと思っています。



作品の企画・制作から宣伝、配給、劇場運営まで映画を作ったり、見せたりする仕事はひと通り経験してきました。映画について大学などで教えてもいるので、若い方たちから「映画の仕事をしたい」と相談を受けることもよくありますが、「映画の何がしたいの?」と質問するとたいていみんなポカンとした顔をするんです。映画ビジネスは分業で成り立っていて、映画の仕事には監督や脚本家、プロデューサーだけでなく、美術や衣装、映画館のスタッフまで数えきれないほどの仕事があります。それに、例えば大手映画配給会社に入っても、事業が多角化されていて映画の仕事には就けなかったということも起こり得ます。志望の業界で何をやりたいのか、映画業界なら、映画にどうかかわっていきたいのかというイメージはしっかり描いていた方がいいと思いますね。



僕の場合はこの業界に入ったころから、両親や家族、友人など身近な人たちに見せて恥ずかしくないものを作りたいと思って仕事をしてきました。もちろん、お客さまに満足してもらえるものを作ることは大事ですが、正直なところ、遠い存在のことは何も考えてないんです。大切な人たちに、自分が気に入っているものを勧めたくなることってあるでしょう? そんな感じで映画を作ったり、観せたりしてきましたし、これからもそうだと思います。







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120822-00000001-sjournal-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。

若者の車離れ顕著に 電車で行ける大阪のアウトレットが人気


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






若者の車離れ顕著に 電車で行ける大阪のアウトレットが人気


NEWS ポストセブン 8月24日(金)7時6分配信







 いつも様々な場所へ出かけ、最新の経済トレンドを見つけてくる流通ジャーナリストの金子哲雄さん。今週は最近大人気の「アウトレット」で発見があったようです。



 * * *

 大阪で増設リニューアルした「りんくうプレミアム・アウトレット」に取材に行ってきました。



 関西空港の対岸にあるので、外国人観光客の姿が多いのですが、なにより最寄り駅から徒歩6分という立地から、地元のファミリーや若者も大勢来ていましたね。



 昨今、若者の車離れが顕著になってきました。電車やバスで行けるというだけで、若者の集客力が上がるかもしれません。南海電鉄は、アウトレットのお買い物券1000円をセットにしたお得な切符を販売していました。こういった、車を利用しない人へのサービスが、アウトレットにも求められるでしょうね。



※女性セブン2012年9月6日号







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120824-00000008-pseven-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。