スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦する街の本屋さん「ビール片手に」「女性に特化」


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






挑戦する街の本屋さん「ビール片手に」「女性に特化」


産経新聞 9月6日(木)11時33分配信













挑戦する街の本屋さん「ビール片手に」「女性に特化」

拡大写真
バーカウンターを備えたおしゃれな雰囲気。アンティーク調の家具に、こだわりの本を収納=東京都世田谷区の「B&B」(写真:産経新聞)



 出版市場の縮小やネット書店の台頭で淘汰(とうた)の波にさらされる街の書店が、生き残りの道を模索している。ネット全盛時代に、いかにして足を運びたくなる魅力的な空間をつくるか-。個性的な試みを始めた書店を訪ねてみると、「複合」と「特化」というキーワードが浮かんできた。(海老沢類)



 ◆理想と戦略



 東京・下北沢駅南口のビル2階。今年7月にオープンした「B&B」は、「Book&Beer」という名の通り、ビールやワインを片手に本をじっくり選べる書店だ。入り口の左手にはバーカウンターがあり、抑えめの照明がアンティーク調の家具類を引き立てる。



 「駅前にあって、空いた時間にふらっと立ち寄ると本との思わぬ出合いが待っている…そんな小規模書店の経営が今厳しい。ならば自分で成り立つ方法をつくりたい」。ブックコーディネーターの内沼晋太郎さん(32)が、本屋大賞の運営に携わる「博報堂ケトル」と共同でプロデュースした。



 約100平方メートルほどの店内に、内沼さんが抱く街の書店の理想が、したたかな戦略のもとに具現化されている。週刊誌や人気コミックの最新刊などの売れ筋はきっちり押さえる。一方で本の形態やジャンルにとらわれず、意味のつながりをもとに小説や学術書、写真集、絵本、雑貨などを雑多に置く「文脈棚」を設け、本との偶然の出合いを演出する。凝った選書にかかるコストは利益率の高いドリンク類の販売で補う仕組みだ。著者参加の有料トークイベント(1500円程度)を毎晩開くなど、集客にも余念がない。



 店内の本棚やテーブルもすべて販売している。売り場を家具のショールームとしても活用することで、初期投資を格段に抑えられたという。内沼さんは「小規模の街の書店は、漠然と『何かがほしい』という気持ちで足を運ぶ場所。そんな要望に応えられる本選びと店の雰囲気を大切にしたい」と話す。



 ◆野菜と児童書



 千葉市中央区にある中島書店は昨年1月、店の奥に朝採り野菜の直売所を設けた。農産物の生産販売を手がけるクリーンライフカントリーが千葉県館山市で収穫したばかりの野菜を運び、水曜と土・日祝日をのぞく午後2時から6時の間に売り出す。



 「なんで?といまだに驚かれる。でも全く違う商品の組み合わせだからお客さんを奪い合うことはない」と中島浩社長(50)。店は千葉県庁に近く、中心客層はビジネスマン。「栄養価の高い野菜を地元の人に」という地域貢献の気持ちで始めた試みだが、客足が落ちる昼休み後から夕方にかけての時間に、これまで少なかった主婦層を取り込む狙いもある。



 「直売所の隣にある児童書は売れ行きも好調。うまく親子連れを取り込めているのかも…」(中島社長の妻、博子さん)。近くに野菜を使った料理のレシピ本も並べ、相乗効果に期待する。



 ◆女性客1割増



 改革は「本の街」でも進む。東京・神田神保町では、創業120年の老舗、東京堂書店が今年3月、神田神保町店をカフェを併設した新業態店にリニューアル。道をはさんだ「ふくろう店」は4月、バッグや靴、雑貨などを併売する女性向けの書店「Chez・moi(シェ・モワ)」に生まれ変わった。実用書や料理本を充実させ、女性誌の付録を陳列するなど見せ方にも工夫を凝らす。カフェを併設した複合型で集客増を図る一方、ターゲットを女性に特化することで個性を打ち出す。改装効果は、両店合わせて女性客の割合が1割ほど増えたことに現れている。



 「シェ・モワ」は仏語で「わたしのおうち」といった意味。神田神保町店の深谷保之店長(56)は言う。



 「(わが家のように)居心地がよくて長時間滞在したくなる。そんな雰囲気づくりが今まで以上に求められている」



 ■1年で365店減少



 書店の調査を手がけるアルメディア(東京)によると、全国の書店数は1万4696店(5月1日現在)。昨年同月の1万5061店から365店減り、平成9年の2万2279店をピークに、減少に歯止めがかからない。一方で売り場面積は増加傾向にあり、豊富な品ぞろえを誇る大型書店が増えていることがうかがえる。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-00000538-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。