スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く


japan.internet.com 10月19日(金)11時1分配信











2013年のコーヒー市場は「苦味の時代」に メーカーのプロダクト戦略は? -- 日本コカ・コーラ島岡氏に聞く
現在発売されている缶コーヒーの味に焦点を当てたポジショニング



● 2013年の味のトレンドは、「苦味」?



例えば、店頭から商品が消える程のブームになった「食べるラー油」、様々な料理に応用されて食卓を賑わせた「塩麹」など、時代とともに生活者の味覚に対するトレンドは次々と変遷する。大きく分けると、その味覚の方向性は「酸味」「甘味」「苦味」「辛味」などがあるのだが、味香り戦略研究所が発表したレポートによると、2013年の味覚ブームのトレンドは「苦味」なのだという。



【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



「苦味」を楽しむものとして挙がる代表格といえば思い浮かべるのは「ビール」だが、ノンアルコール飲料(いわゆるビールテイスト飲料)の消費拡大やストレス社会などを背景にして「苦味」は日常生活でより身近な食品・飲料に浸透。飲料の分野では、「ビール」だけでなく「コーヒー」「紅茶」「緑茶」など苦味を楽しむことができるものにシフトし、苦味のある食品・飲料が日常生活のあらゆる場面で、精神的な"スイッチ"、"気分転換"といった「アクセント」として摂取されるようになるのだという。



このレポートでは、無糖コーヒーの味の特徴に関して分析を行なっているのだが、それによると酸味、苦味がバランスよく楽しめる現在のトレンドよりも、今後は更に苦味の特徴を際立たせた商品にシフト。今後は、生活者のコーヒーを求めるシーンや心理状態など様々なニーズに合わせた「苦味の質(苦味を活かしたキレやコクの味わい方)」を考慮した商品が求められるとしている。



● 苦味のある本格的な味わいがコーヒー市場のトレンドに



このようなレポートを踏まえて、「苦くて、味がしっかりした本格的な味わいのコーヒーに対するニーズの高まりは、コーヒー市場全体の流れだ」と語るのが、缶コーヒー市場でトップシェアの「ジョージア」を展開する、日本コカ・コーラ株式会社 マーケティング&ニュービジネス ジョージアグループ シニアマネジャーの島岡 芳和氏だ。



島岡氏によると、以前は喫茶店などで出されるさっぱりと軽やかで酸味の強い味わいのコーヒーが好まれていたが、ここ10年の動向を振り返ると、カフェチェーンの拡大によりコクがあってしっかりした味わいの本格的なコーヒーへとトレンドのシフトが起きているという。



このようなトレンドに対して同社が2002年に投入した商品が、「ジョージア ヨーロピアン」シリーズだ。



「ジョージア」と言えば、誰もが手にとったことのある「エメラルドマウンテンブレンド」という大ヒット商品があるが、この商品は島岡氏が"コーヒーの美味しさの王道"と語るように、コーヒーにとって最も重要な酸味と苦味のバランスの良さとさわやかな味わいが特長だ。一方、この「ジョージア ヨーロピアン」は、コーヒーの苦味(ビター感)、旨み、味の深みを追求した商品で、さわやかな味わいの「エメラルドマウンテンブレンド」に対して、「深い満足感」をじっくりと楽しめる商品に仕上がっているのだという。



● "缶コーヒーでここまでやる"と思わせるこだわりの製法を実現



商品のコンセプトは、「ヨーロッパのコーヒー文化に刺激を受け、日本のこだわりで、よりよく生まれ変わった缶コーヒー」。つまり、ヨーロッパのカフェで見られる本格的なコーヒーの楽しみ方に、日本のクラフトマンシップを加え、豆選び、製法、味わいにこだわり抜いた缶コーヒーを実現しているのだ。「強い味わいが出るような豆の焙煎方法、味がさわやかなアラビカ豆・味が濃いロブスタ豆を層にしてゆっくりドリップする抽出方法(深煎り二層抽出製法)など、"缶コーヒーでここまでするのか"と思えるほど本格的な製法を打ち出している」(島岡氏)。



島岡氏によると、「ジョージア ヨーロピアン」は、それまで様々な経験を乗り越えて今まで人生を積み上げてきた人たちに選んでもらえるような商品を目指して開発されたのだという。「色々な経験を積み上げてきた人には、この力強いしっかりした味わいを楽しんでもらえるのではないか」。



そして、消費者に製品に込められた様々なストーリーを知ってもらい、共感してもらった上で商品を選んでもらうことによって、「ジョージア ヨーロピアン」を選んだこと、そしてそれを楽しむことに対する満足度を高めることができると考えているのだ。「自分がチョイスする缶コーヒーが、ここまでこだわって作られているということを理解するだけで、そのチョイスに自信が生まれる」(島岡氏)。



● 商品選びに"こだわり"を持つ人のニーズに応えたい



価値観が多様化する現代社会において、消費者は商品・サービスをこだわって選び、そのこだわりに応える商品が市場の中でイニシアチブを取れる時代になってきた。「ジョージア ヨーロピアン」は現代社会の消費者ニーズに応えるこだわりを提供することで、コーヒーの王道を突き進む「エメラルドマウンテンブレンド」に並ぶ主力商品にしていきたいと考えているのだ。「コーヒーにこだわりを持っている消費者は増えてきている。『ジョージア ヨーロピアン』はそのような"こだわり"に応える味を追求していきたい」(島岡氏)。



「ジョージア ヨーロピアン」の主要なターゲット層は40代以上の男性が中心だが、デジタルメディアへの投資も積極的に行なっているという。そして、ディスプレイ広告やキーワード広告を活用したウェブサイトへの集客によって、サイトへのアクセスは急増しているほか、オンラインによるブランド認知が拡大しているのだという。「40代以上といっても、今の40代はデジタルメディアに対する接触頻度も高く、活用方法も熟知している層が多い。今後はソーシャルを活用したコミュニケーションの創出や、スマートフォンを活用した購買に繋がるプロモーション展開の充実を通して、消費者のジョージアブランドに対する価値理解をさらに深めてもらえる仕組みをつくりたい。そのための積極的なリーチ拡大とブランド理解の促進を実現していきたいと考えている。」(島岡氏)。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000004-inet-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。