スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV 業界の明暗を分けるのはスマホ重視のトリプルスクリーン戦略--国際放送機器展「Inter BEE 2012」


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






TV 業界の明暗を分けるのはスマホ重視のトリプルスクリーン戦略--国際放送機器展「Inter BEE 2012」


japan.internet.com 11月21日(水)11時2分配信











TV 業界の明暗を分けるのはスマホ重視のトリプルスクリーン戦略--国際放送機器展「Inter BEE 2012」
フェアーウェイ 経営企画室 広報部 部長 島田祐李子氏



TV 離れに歯止めが掛からない。ある報道によると、1990年代に70%近くあった総世帯視聴率(地上波放送の視聴世帯割合)は現在では63%まで低下するほど深刻化しており、TV 局や番組制作会社、ドラマやアニメなどの映像コンテンツ保有者にとって悩みの種となっている。若い世代に散見されるインターネット依存が関係していることは言うまでもないことだが、一層加速させているのは急速に利用者数が拡大しているスマートフォンの存在だろう。



【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】



しかし、映像コンテンツに対する視聴者の興味・関心が薄れている訳ではない。現に「Gyao」や「VIDEO ストア」などマルチデバイスに対応した課金モデルの動画配信サイトは、新規参入サービスが見られるなど好調だ。つまり TV 業界は、スマートフォン・タブレットを筆頭に複数のデバイスに対してコンテンツを配信し、新たな収益モデルを構築するという「トリプルスクリーン戦略」をこれからは積極的に推し進める必要があると言えよう。



11月14日~16日にかけて幕張メッセで開催された「Inter BEE 2012(国際放送機器展)」では、映像コンテンツ技術や配信技術を有するベンダーが一堂に会した。その中で、映像・ストレージ事業を手がけるフェアーウェイは、映像コンテンツをインターネットでスマートフォンおよび TV に放送できる技術を展示していた。同社代表取締役 安島丈雄氏と、同社経営企画室 広報部 部長 島田祐李子氏に詳しい話をうかがった。



■ TV 番組を扱うネット放送局を簡単に開設できる「Broadcast on IP」



そもそも、地上波や衛星放送、ケーブル TV などで放送する映像コンテンツは、いわゆる「生データ」という放送用の機材に合わせた形式でフォーマットされており、僅か10分程度の映像でもデータ量は100GB 以上にものぼる。このままではデータ量が莫大すぎるため、インターネットで配信するには適切なフォーマットに変換する必要があるが、専用の大規模アプライアンスなどが無ければ到底不可能だ。フェアーウェイのインターネット放送プラットフォーム「Broadcast on IP」は、映像のコンテンツのエンコードから番組の編成、インターネットを介したスマートフォンへの放送までを一貫して実現するというが、果たしてどのような仕組みなのだろうか。



まず映像コンテンツ保有者は、ドラマやアニメなどの生データをフェアーウェイに持ち込み、同社サーバーに格納する。すると、専用の自動番組送出装置に番組が MPEG2形式で自動的に取り込まれ、続いてリアルタイムエンコーダーに出力される。エンコーダーでは、H.264/AVC 512kbps~4Mbps という放送基準に則った品質で変換され、同社の大規模配信サーバー群を介して利用者のスマートフォンに配信される。



安島氏は、「Broadcast on IP」を使うメリットがインターネット放送をワンストップで実現する以外に幾つかあると説明する。同サービスは、番組編成をするための専用管理画面も提供するため、映像コンテンツ保有者は簡単に番組表を作れるだけでなく、番組間に自由に CM を挿入できる。アプリを有料にするなどの施策もあわせて行えば、収益性をさらに高めることが可能だ。



また、地上波放送局らが品格の向上のために毎年改定している「規制ガイドライン」によって、放送の機会を失った過去のバラエティ番組などのマネタイズ化にも有効だ。昨今は昔と比べると刺激の強いバラエティ番組やドラマは地上波では放送できない時代だが、若い世代を中心にそれらのニーズは少なくはない。加えて、放送局の開局・閉局が容易なこと、イチからシステムを構築するよりもイニシャルコストが格段に安いことも挙げられるという。



■ スマホで視聴する番組を TV へ出力できる小型セットトップボックス「toto」



「Broadcast on IP」によりインターネットで放送された映像は、iOS と Android スマートフォンに対応する専用アプリにより視聴ができる。ここで面白いのが、フェアーウェイが用意するスティックタイプの小型セットトップボックス「toto」を TV の HDMI 端子に差し込むと、スマートフォンで視聴していた映像を TV に丸々出力できることだ。つまりユーザーは、家では TV の大画面、出先ではスマートフォンで自分の好きな放送を視聴することができる訳だ。



「toto」は OS に Android を採用。無線 LAN モジュールを内蔵しており、TV に接続されている時は、宅内の無線 LAN アクセスポイントから映像データを受信する。この際、手持ちのスマートフォンがチャンネル切り替えを行うリモコンとなるほか、ネット通販や電子書籍やホームカラオケなど多種多様なコンテンツも TV に出力できるなど、「toto」の性能は他の Android セットトップボックスとは一線を画す。



開発は、Android タブレットやデジタルフォトフレームなどの開発を手がける国内企業のグルーバが手がけており、設計から製造までを日本で行っているそうだ。多機能のほか、他の商品よりも故障率が少ないことも採用の決め手となった。



■ サービスの最大の障壁は、実演家が主張する隣接権



安島・島田両氏は、今回の「Broadcast on IP」と「toto」を組み合わせたサービスを「1アプリ1チャンネル」のコンセプトのもと、3年前から放送局や映像コンテンツ保有者に提案していたと話す。そして、来年3月のサービスローンチに向けて複数社と交渉を進めており、いずれも感触は良好だという。



一方でフェアーウェイは、生データのストレージ保管、映像配信サーバーの利用率に応じた課金、有料アプリのレベニューシェアなどを収益源にする。また、将来的には映像コンテンツを一手に束ねる専用マーケットを立ち上げる構想もあり、バイタリティや集客力を強化していく狙いだ。島田氏は、本サービスがきっかけになって TV 業界が昔の活気を取り戻してくれればと期待を寄せる。



しかし、同サービスには1つ大きな障壁がある。上記以外にも、複数の映像コンテンツ保有者が現場レベルで高い関心を示しているというが、依然として経営層や映像の権利者はインターネットに懐疑的で、首を縦に振らないのだという。特に実演家が主張する隣接権の調整は難航しており、金銭面で折り合いがつかず進展が全く見られないことも多い。フェアーウェイは、映像コンテンツ保有者にインターネット放送も含めた包括契約もアドバイスするなどもして、参画者を募っている。



TV 業界は歴史が長い故に保守的な一面がある。1人1台のペースで普及するスマートフォンに対して何らかの手段を講じるなど、時代の流れに柔軟に対応していってもらいたい。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121121-00000009-inet-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。