スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<金のシャチホコ>「金の茶釜」溶かし再生計画 名古屋市長


\\\\\\\\☆★☆★☆★☆////////
================================================

【限定版】

禁断のアクセスアップ&アフィリツール

《 R E S C U E 》

==================================================
////////☆★☆★☆★☆\\\\\\\\






<金のシャチホコ>「金の茶釜」溶かし再生計画 名古屋市長


毎日新聞 9月21日(金)2時30分配信













<金のシャチホコ>「金の茶釜」溶かし再生計画 名古屋市長

拡大写真
空襲で焼け残った金シャチを元に作った金の茶釜。河村たかし名古屋市長はこの茶釜を再び溶かし、「本物」の金シャチを作る意向だ=名古屋市提供



 「本物」の金シャチを名古屋観光の目玉に--。河村たかし名古屋市長が、旧名古屋城の金のシャチホコに使われていた金を使って新たな金シャチを作る構想を打ち出し、市役所内で物議を醸している。戦災で焼け残った金シャチの一部は「金の茶釜」に姿を変えており、河村市長はこの茶釜を溶かして金シャチを作る考えだ。だが実現には課題もあり、市幹部らは慎重な姿勢を示している。【三木幸治、高木香奈】



【昭和のニュース】空襲で焼け落ちる名古屋城



 市によると、旧名古屋城は1612年にほぼ完成。天守閣の金シャチは徳川家の権力と財力を象徴しており、2体で320キロの金が使われたという。太平洋戦争末期の1945年5月の空襲で天守閣は焼失したが、金シャチ1体の一部の金6.6キロ分が残った。



 金は米軍に接収された後、67年に市に返還された。当時の市長らの判断で茶釜と市旗の飾りに作り替えられ、イベント時に市民に公開されている。



 一方、現在の名古屋城は59年に鉄筋コンクリート造りで再建され、金シャチも2体で88キロの金を使って復元された。



 河村市長は今年春以降「本物であることが重要」と城の創建当時の金を使った金シャチ作りを発案した。茶釜を溶かして金を抽出し、別の金を組み合わせて金シャチ1体を作るというアイデア。独立行政法人造幣局(大阪市)の試算では3億円かかるという。作った金シャチは、市が2017年をめどに名古屋城前に設ける予定の飲食店街「金シャチ横丁(よこちょう)」に置き、訪れる人が触れるようにして観光の目玉にする意向だ。



 ◇市幹部は慎重姿勢



 市長の構想に、ある市幹部は「茶釜を溶かすには、茶釜作りを決めた当時の有識者らの了解が必要だし、3億円をかけることに議会や市民の合意が得られるのか」と困惑する。別の市幹部は「金シャチ横丁はオープンまで5年かかるし、名古屋城では今、本丸御殿の復元工事が行われている。金シャチ作りを焦る必要はない」と指摘する。



 河村市長は名古屋城の天守閣についても木造で復元する意向を示すなど「本物」へのこだわりは強い。「本物の金シャチはどえらい集客力がある」と製作に意欲を見せている。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120921-00000005-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します




■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~



ブログアフィリエイトで最も苦労する記事投稿や
アフィリエイトリンクの貼り付け、コメント回りを
簡単操作で一挙完結!!

アフィリエイトで稼ぐ!を目指す
初心者の方にも「使える」便利ツールです。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。












■【 Rescue 】~‘強烈な全自動集客&アフィリツール’~


アフィリエイトを目指して、やっと書き始めたブログだけど

更新が面倒に… 

ネタも切れ… 

コメント回りも面倒…


ほったらかしで更新 ⇒ 集客 ⇒ アフィリエイトまで

まさか!!と思ったあなた

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐここをクリックして確認してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。